« 『ミレニアム』続報 | トップページ | トムの賃金、大幅カット? »

2010/08/06

終わりじゃないの?

ハロウィンの風物詩としてすっかり定着した感のある「SAW」シリーズ。今年の第7弾"Saw 3D"はその名が示すとおり初の3D仕様が施され、なおかつシリーズ最終章とも謳われているが、本日ニューヨークポストが伝えたところによると、ここにきて「もしかしたらラストじゃないかも?」との声が上がり始めている模様。しかもその出所が連続殺人犯ジグゾウの前妻を演じたベッツィ・ラッセルというから信憑性は高い。曰く、

「もともとはSaw7が最後だと思ってたんだけど、脚本家が8に繋がるアイディアを思いついたの。その中身が素晴らしくって。私も観たくてたまらないわ」

ただし、Sawシリーズは昨年のハロウィンに彗星のごとく現れた究極のインディーズ映画『パラノーマル・アクティビティ』に大きく水を開けられ、その存在価値が問われ始めている。今年は早々に3D化を発表するなどしてラストイヤーを派手に盛り上げようと画策しているが、新たなハロウィン王座を狙って『パラノーマル・アクティビティ2』が再参戦を決めるなど、誰もがすんなりと勝たせてくれないのが現状だ。8がアリかナシか、すべては興行の数字次第。

ちなみにSAWシリーズは史上もっとも成功したホラーシリーズとして先月末ギネスブックに登録されたばかり。この快挙が8推進派を後押ししているのは間違いない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

【TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『ミレニアム』続報 | トップページ | トムの賃金、大幅カット? »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49075915

この記事へのトラックバック一覧です: 終わりじゃないの?:

« 『ミレニアム』続報 | トップページ | トムの賃金、大幅カット? »