« 日本ライトノベルが映画化へ | トップページ | 今敏監督、死去 »

2010/08/24

スパイキッズ4、いよいよ始動

The Hollywood Reporter情報。ロバート・ロドリゲスが監督を務める"Spy Kids 4:All Time in the World"にジェシカ・アルバの起用が決まった。

ディメンション・フィルムの同人気シリーズはこの4作目でリニューアルを迎え、アルバは元凄腕スパイという経歴を持つママ役で登場。つまり、彼女の子供らがタイトルロールの“スパイキッズ”に変身する。

実生活でもママとして奮闘するアルバだけに、『ファンタスティック・フォー』とはまた違ったリアリティが期待できそうだ。パパ役&子役など、ただいま早急にキャスティング調整中。製作費は3000万ドル、来月からの撮影開始を予定している。

なお、The Hollywood Reporterの記者は、アントニオ・バンデラスをはじめとするカルメン家の面々の助演もありうるのではないか、と予測している。お姉ちゃんスパイ役を演じたアレクサ・ヴェガなんて、もう23歳でちっともキッズじゃなくなってるどころか、つい最近、婚約を果たしたばかりなんだそうだ。時が移り行くのは早いですね。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 日本ライトノベルが映画化へ | トップページ | 今敏監督、死去 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49238728

この記事へのトラックバック一覧です: スパイキッズ4、いよいよ始動:

« 日本ライトノベルが映画化へ | トップページ | 今敏監督、死去 »