« アダムス脚本家決定 | トップページ | 世紀の珍発明の裏側に迫れ »

2010/08/20

タートルズも再映画化

巷でエコとかリサイクルとか言いすぎるせいか、映画界でもアイディアのリサイクルに歯止めがかからなくなっている。このたび米パラマウントが「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」を再度シリーズ化して立ち上げるべく、『アイアンマン』の脚本家マーカム&マット・ホロウェイに、まずはドラフト執筆を依頼したことが分かった。

パラ側としては『トランスフォーマー』に継ぐプロジェクト化を視野に入れているようで、かつてTVアニメ版から銀幕デビューし、その後1993年の「第3弾」公開以降とんとご無沙汰していた実写映画版『タートルズ』がいかなる復活を遂げるのか、注目したいところだ(でも正直、日本人にはキツイよね)。

ちなみにパラマウントはあの『G.I.ジョー』の続編も企画中。次こそは映像だけじゃなく内容も面白く仕上げようと、現在『ゾンビランド』の脚本家レット・リース&ポール・ウーニックが構想を練っている最中だという。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アダムス脚本家決定 | トップページ | 世紀の珍発明の裏側に迫れ »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49199066

この記事へのトラックバック一覧です: タートルズも再映画化:

« アダムス脚本家決定 | トップページ | 世紀の珍発明の裏側に迫れ »