« 買収劇の影にあの俳優 | トップページ | マドンナ監督、パリ入り »

2010/08/01

アクターズ・スタジオ・インタビュー(BOOK)

名物番組「アクターズ・スタジオ・インタビュー」を日本で享受するファンにとって、これほど情報量に欠ける人物はない。裁判官のような生真面目な表情で、綿密な取材に基づいたブルーの質問カードを一枚一枚めくっていくその御仁の名は、ジェームズ・リプトン氏。生年月日を見て驚いた。なんと1926年生まれだという。

Studio_2 
リプトン氏が言葉を尽くした本作は、大きく2部に分かれる。前半は自身の半生がじっくりと描かれ、後半は「アクターズ・スタジオ・インタビュー」で立ち会った名シーンの数々を司会者兼プロデューサーならではのエピソードとを交えて巧みにアーカイブしていく。

読み終わって溜息が出た。圧倒的な分量。なんと600ページ強だ。そしてこの筆圧が読者を惹きつけてやまない。本書を読めばこれから先、ブラピやジョニデやアンジーだとか、当番組にいかなる超有名スターを招聘されようとも、僕らは口を揃えてこう断言することだろう。「リプトン氏こそが真のヒーローである」と。またその想いはアメリカ中から「この番組にだけは出たい!」とやってくるゲスト諸氏らにも深く共通するものなのだ。

彼のポーカーフェイスはすべてフェイクだ。本当は凄くおちゃめな人。「サタデー・ナイト・ライブ」で自身をモノマネしたウィル・フェレルをゲストに招いて「Wリプトン態勢」で番組をお送りしたり、またあるときには自身がアニメとなり「シンプソンズ」へと飛び込み、出演者へのインタビューを試みたりもする。ゲストと飛行機の話になると止まらなくなる。映画館のポップコーン売り場で行ったスピルバーグへの出演交渉や、結局最後まで出演の叶わなかったマーロン・ブランドとの電話での極秘会談の経緯も色鮮やかに収録。これらはもはや記録というより伝説の名にふさわしい。

また、ゲストが勇気を振り絞ってこのトーク番組に臨む姿をリプトン氏は真摯な筆遣いで伝える。あのハリソン・フォードは開始直前の舞台袖で緊張のあまりガクガク手を震わせていたという。『スーパーマン』として名高いクリストファー・リーヴは身体の麻痺を押して番組出演し、ステージ上で発作に見舞われたときも常にユーモアを忘れず、観客席にいる俳優の卵たちに自分の生き様を伝えた。

別に病気や障害がどうこういうわけではない。かくも映画人(特に俳優)とは自分の痛みや感情をさらけ出して観客に伝える壮絶な職種なのである。発言の端々に垣間見える彼らの強靭な意志に圧倒され、ページをめくるごとに新たな涙がこぼれた。またゲストからこれらの言葉を巧みに引き出すジェームズ・リプトン氏のパーソナリティは、まさに本書の前半に描かれた濃厚すぎる演技人生をくぐりぬけてこそ培われたもの。

願わくば映画界の至宝リプトン氏が末永くお元気でこの番組を続けられますように。そしてNHKが放送回数を渋らず、最新シリーズを快くレギュラー化してくれますように。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

【TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 買収劇の影にあの俳優 | トップページ | マドンナ監督、パリ入り »

BOOKS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49024618

この記事へのトラックバック一覧です: アクターズ・スタジオ・インタビュー(BOOK):

« 買収劇の影にあの俳優 | トップページ | マドンナ監督、パリ入り »