« ロシア火災の被害はここにまで | トップページ | 全米興行成績Aug.06-08 »

2010/08/08

スコセッシ監督、TVへ進出

アメリカでは土曜日にTCA(Television Critics Association)が開催され、HBOからのプレゼンテーションとしてマーティン・スコセッシ監督が登場した。といっても、彼自身は現在、ロンドンにて3Dファンタジー「ユゴーの不思議な発明」の撮影中で、この日も衛星回線を使っての会見となった。

映画の申し子と言われるマーティン・スコセッシだが、このたび彼はHBOのもとで2つのテレビ企画に関わっている。1つめは禁酒法時代のギャング物"Boardwalk Empire"。彼はすでにスティーヴ・ブシェミ主演のこの第一話を完成させ、かなりの手ごたえを感じている様子。スケジュールさえ許せば今後も他のエピソードもいくつか手掛けたいそうだ。もうひとつのTV企画はミック・ジャガーと共に辿るロックンロールの歴史モノとのこと。

Boardwalkempire_2 
なぜ彼はこのタイミングでTVに魅せられてしまったのか。どうやらスコセッシとHBOは、この10年ばかし、映画の枠にとどまらず、物語の世界やキャラクターを長いタームで形成していけるような自由な作品作りを模索してきたようだ。まずテレビできっかけが生まれ、それが映画へと膨らんでいくというような、ひとつの可能性。。。70年代、80年代、90年代には起こり得なかった00年代TVシリーズの興隆が、スコセッシの目にはかつての“懐かしき60年代”の再訪として映っているようだ。

うーん、僕らはえてして「またTVドラマかよ・・・」と肩を落としたりもするわけだが、スコセッシの場合は時代をぐるっと一周したうえで全く別の価値を見出していたとは。自ら率先して3D技術へと飛び込んだ「ユゴーの不思議な発明」といい、今回の"Boardwalk Empire"といい、この人の時代への適応力には驚かされます。

それはそうと、遠藤周作原作の「沈黙」の映画化は?

いつの間にかIMDbのdevelopment リストからも姿を消している(またかよ!)。

まあ彼自身が「ライフワーク」と語っている企画なので、焦りは禁物。長い目で、少しずつ少しずつ温めていってもらいたいものですね。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ロシア火災の被害はここにまで | トップページ | 全米興行成績Aug.06-08 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49094734

この記事へのトラックバック一覧です: スコセッシ監督、TVへ進出:

« ロシア火災の被害はここにまで | トップページ | 全米興行成績Aug.06-08 »