« 全米興行成績Sep.24-26 | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック45周年 »

2010/09/28

『パイレーツ』の強力タッグ、再び?

2007年に『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールズ・エンド』を手掛け、現在はパラマウントにて2011年公開のアニメーション作品"Rango"を準備中のゴア・ヴァ―ビンスキー監督。こちらの作業がようやく山を越えたのか、このたびDeadlineがそのまた先の企画について報じている。

それはラジオ&TVシリーズ「ローン・レンジャー」の再・再映画化。ジェリー・ブラッカイマーが製作を担い、ジョニー・デップが「インディアン、嘘つかない」のセリフで有名なトントを演じることでディズニーが長らく調整を進めてきた作品だ。これに現在交渉中のヴァ―ビンスキーが正式に加わると、晴れて『パイレーツ・オブ・カリビアン』旧3部作の最強チームが復活することになる。

Loneranger

ちなみにジョニー・デップは"Rango"でも声優を務めており、アンジェリーナ・ジョリーとの共演作"The Tourist"、"The Rum Diary"『パイレーツ・オブ・カリビアン4』、ティム・バートンとの再タッグ作"Dark Shadows"なども控えるなど、この先も待機作、準備作が盛りだくさんだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 全米興行成績Sep.24-26 | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック45周年 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49585500

この記事へのトラックバック一覧です: 『パイレーツ』の強力タッグ、再び?:

« 全米興行成績Sep.24-26 | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック45周年 »