« スコセッシ演出のTVドラマ、好調な滑り出し | トップページ | 『ディスタービア』訴訟に決着 »

2010/09/23

ドラゴン・タトゥー関係者がデマを否定

まだ公開前の『ソーシャル・ネットワーク』が大絶賛どころか「オスカー確実!」とまで叫ばれ始めているデイヴィッド・フィンチャー。そんな彼の次回作となるのリメイク版『ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女』に関して、ここ数日、各メディアは「タイトル・ロール役を演じるルーニー・マーラが重傷?撮影延期?」とのウワサを駆け巡らせていたようだ。

しかしここにきてDeadline Hollywoodの記者マイク・フレミング氏が関係者に話を訊いたところ、マーラは3週間前のバイク運転時に転倒したものの、その後の様子ではまったく問題ないようだった、とのこと。撮影は10月2日ごろより再開される。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« スコセッシ演出のTVドラマ、好調な滑り出し | トップページ | 『ディスタービア』訴訟に決着 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49535437

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン・タトゥー関係者がデマを否定:

« スコセッシ演出のTVドラマ、好調な滑り出し | トップページ | 『ディスタービア』訴訟に決着 »