« スピルバーグ、次回監督作が決定 | トップページ | 【レビュー】ジャック、舟に乗る Jack Goes Boating »

2010/10/25

北米興行成績Oct.22-24

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Oct.22-24 weekend 推計

01 Paranormal Activity 2 (-) $41.5M
02 Jackass 3D (↓) $21.6M
03 Red (↓)$15.0M 
04 Hereafter (↑)$12.0M
05 The Social Network (↓) $7.3M
06 Secretariat
(↓) $6.9M
07 Life as We Know It (↓) $6.1M
08 Legend of the Gurdians
 (↓) $3.17M
09 The Town (↓)$2.7M
10 Easy A (↓)$1.7M

*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。


■まさか、まさか。誰もが苦笑いしながらその成り行きを見物していた『パラノーマル・アクティビティ2』が、ハロウィーン1週前の週末興行ランキングを制した。しかも驚くべきことに、批評家、観客による評価も軒並み「よくやった!」という賞賛が多いのだ。

Paranormalactivity2
木曜24:00以降にスタートした深夜興行では「R指定(17歳未満は保護者同伴)」作品として『ウォッチメン』を越える史上最高興収を記録。さらに週末3日間のオープニング興収4150万ドルはホラー映画に類別される作品としてこれまた『13日の金曜日』(2009)を越える史上最高額。観客層は25歳以下が61パーセント、女性が54パーセント。

前作はたった1万5000ドルの製作費で1億ドル以上の興収を叩き出したことで有名だが、対する本作の製作費は300万ドルほど。きっとこれに匹敵するくらいにマーケティング費が計上されていることと思われるが、それを差し引いてもローリスク、ハイリターン。『ブレアウィッチ・プロジェクト』続編の二の舞にはならなかった。

ちなみに、『パラノーマル』シリーズの国際的フランチャイズ企画として、この日本でもパラレルな第2章が製作されているのをご存じだろうか?日本製のアイディアだとさらにファンダメンタルな恐怖が倍増しそうな気が。これを成功させて、この先世界各国の多種多様な『パラノーマル』な風景を概観してみたいものです。

■1位に続き2位にもパラマウント作品が並ぶ。先週の覇者"Jackass 3D"はこの手のジャンル・ムービーにはありがちなことだが興収を先週比57パーセントほどズドンと下げた。だが累計は早く8700万ドルを突破。製作費2000万ドルと言われているので、こちらも利益ばかりが積み重なっていく。

■3位の"Red"は2週目としては先週比31パーセント減と下げ止まりが働いている。累計は4300万ドルほど。来週には製作費の5800万ドルをカバーできるか?

■全米での拡大公開を迎えたクリント・イーストウッド監督最新作"Hereafter"は興収1200万ドル程度にとどまった。御大、80歳の新境地。この先、根強い人気が続いていけばよいのだが。

■東京国際映画祭でもオープニング上映されたソーシャル・ネットワーク』(←拙ブログのレビューに飛びます)は5位へランクダウン。累計は7300万ドルほどにまで達した。製作費は5000万ドル程度と言われている。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« スピルバーグ、次回監督作が決定 | トップページ | 【レビュー】ジャック、舟に乗る Jack Goes Boating »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49841337

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Oct.22-24:

« スピルバーグ、次回監督作が決定 | トップページ | 【レビュー】ジャック、舟に乗る Jack Goes Boating »