« 【レビュー】冬の小鳥 | トップページ | “ジェイソン・ボーン”第4弾にはボーン自身が登場せず!? »

2010/10/11

全米興行成績Oct.8-10

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Oct.08-10 weekend 推計

01 The Social Network (→) $15.5M
02 Life as We Know It (-) $14.6M
03 Secretariat (-) $12.6M 
04 Legend of the Gurdians The Town(↓)$7.0M
05 My Soul to Take (-) $6.9M
06 The Town (↓) $6.35M
07 Wall Street:Money Never Sleeps (↓) $4.6M
08 Easy A (↓) $4.2M
09 Case 39 (↓)$2.6M
10 You Again (↓)$2.5M


*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。

■王者に対して新作群が闘いを挑んだ週末、はじめはほぼ横一線だったものの、終盤には強力な口コミ効果が勝負を分けた。。。

■というわけで、先週と変わらず『ソーシャル・ネットワーク』が首位をキープ。先週末と比べると興収の下落率が30%に踏みとどまっており、通常の新作が2週目で平均50%下落することを考えると、これは驚異の下げ止まりと言っていい。累計興収は4,600万ドル。製作費の5000万ドルまであと一歩。なお、本作のモデルとなったFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグはすでに社員と共に本作を試写していることが明らかとなっている。詳しくはこちらの記事を。

■2位にはキャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメルとその真ん中に可愛らしい赤ちゃんが鎮座してお出迎えするコメディ"Life As We Know It"。夫婦でも何でもなかった二人の男女が、親友の死で遺された赤ちゃんを預かることになり、次第に家族のような絆で結ばれていくストーリー。観客の評価は真っ二つに分かれているようだ。劇場に集う観客の2/3が女性だという。

■3位には先日こちらの記事でもご紹介した"Secretariat"。伝説の競走馬をめぐるヒューマン&ホース・ドラマだ。少々古臭いとの指摘もあるが、出走シーンの迫力たるやそこらのアクション映画の出る幕がないほどだとか。女性の主人公をきっかけとするサクセス・ストーリーという面では、昨年サンドラ・ブロックが女優賞オスカーを獲得した『しあわせの隠れ場所』を彷彿とさせることも指摘されており、もしかするとアカデミー賞に向けて気になるダークホース的な動きをするのでは?と期待されている。

新「スーパーマン」の監督に決定したザック・スナイダーの放つ3Dアニメーション『ガフールの伝説』は累計興収4000万ドルほど。製作費の8000万ドルまであと2倍あるというのはつらい。だが作品を観た人によると、さすがに3Dの迫力は群を抜いているとか。(筆者はまだ観ておりません)。■同じくワーナーの"The Town"は累計を7400万ドルに伸ばした。製作費は4000万ドル弱。

■全体の興収の合計は9300万ドルにしか満たない。これは"Couple Retreat"が首位に立った昨年の同時期よりも15%も低い数字だ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】冬の小鳥 | トップページ | “ジェイソン・ボーン”第4弾にはボーン自身が登場せず!? »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49707117

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興行成績Oct.8-10:

« 【レビュー】冬の小鳥 | トップページ | “ジェイソン・ボーン”第4弾にはボーン自身が登場せず!? »