« 全米興行成績Oct.01-03 | トップページ | ホビットをめぐる近況 »

2010/10/05

新スーパーマン、監督決定

『バットマン』シリーズのクリストファー・ノーランが"Godfather(多くの海外メディアもこの表現を好んで使っている)"的に推進する「新スーパーマン」の監督選びがついに結論に達した。今回白羽の矢が立ったのは『300 スリーハンドレッド』『ウォッチメン』『ガフールの伝説』のザック・スナイダー。この内部情報が流れた後に、Deadlineのマイク・フレミング記者自身がスナイダー本人に確認し、「(いま取り組んでいる)『サッカー・パンチ』が完成したら、取り組むことになる」という発言を引き出している。

今回の監督候補には他にもトニー・スコット、ジョナサン・リーヴスマン、ダーレン・アロノフスキー、マット・リーヴス、ダンカン・ジョーンズ、ベン・アフレックらの名前が挙がっていたが、製作陣との面談やアイディアの交換を進めていった結果、ワーナーとのコラボレーション経験が豊富で、グラフィック・ノベルの映像化に長けたザック・スナイダーが生き残った。

これまでの彼の作風からしてCGを絵具の如く散りばめた作品になることは避けられないだろうが、『インセプション』であれほど実写にこだわった(もちろんCGシーンはあるが)ノーランがあえてスナイダーを選出したのも興味深い話だ。ふたりの間に方向性の違いが生まれるようなことはないのだろうか。あるいはその差異さえも呑みこんで推進していってこそ、卓越したチームプレーが生まれるのだろうか。

なお、デイヴィッド・S・ゴイヤーが手掛けた本作の脚本には『スーパーマン2』のゾッド将軍(オリジナルではテレンス・スタンプが演じた)が再臨しているいう噂も。またスーパーマン役には、ザック・スナイダー監督の『サッカー・パンチ』つながりでTVドラマ「マッド・メン」で大注目を集めたジョン・ハムが抜擢されるのでは?という意見もいまだ根強いが、そのことを訊かれたハム本人は「僕は(スーパーマン役を演じるには)年齢を食い過ぎているよ」と一笑に伏した。ジョン・ハムは今、39歳-。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 全米興行成績Oct.01-03 | トップページ | ホビットをめぐる近況 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49643044

この記事へのトラックバック一覧です: 新スーパーマン、監督決定:

« 全米興行成績Oct.01-03 | トップページ | ホビットをめぐる近況 »