« 新スパイダーマンの敵役決定! | トップページ | 『ナポレオン・ダイナマイト』が復活!(・・・ただしTVアニメ) »

2010/10/12

『つぐない』ジョー・ライト監督の最新作は、ケミカルが音楽担当

『プライドと偏見』や『つぐない』のジョー・ライト監督が、自身に沁みついた“文芸映画”のイメージを一新すべく取り組んでいるアクション・スリラー"Hanna"。このたびニューヨークで開催中のコミック・コンベンションにて本作のスコアをケミカル・ブラザーズが担当することが明かされた。

Hanna_2 
これまで『ロスト・イン・トランスレーション』や『バニラ・スカイ』などで既存曲を提供してきたケミカルだが、映画音楽を書き下ろすのは今回が初となる。ちなみに、ジョー・ライトは90年代はじめ、ケミカル出演のレイヴに照明や映像などを手掛けるスタッフとして関わっていたという。

"Hanna"のUK公開は2011年4月。『つぐない』や『ラブリー・ボーン』に主演したシアーシャ・ローナンが幼いころより特殊訓練を積んで育ってきたティーンの殺し屋を演じる。ニキータ、ジェイソン・ボーン、エイリアスを彷彿とさせる新感覚アクションが期待できそうだ。

なお、ここ最近、大物アーティストの映画への参加が相次いでいる。ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーは『ソーシャル・ネットワーク』の音楽を担当、ダフトパンクは『トロン:レガシー』や『エンター・ザ・ボイド』(トーマ・バンガルテル名義)にオリジナル曲を書き下ろしている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 新スパイダーマンの敵役決定! | トップページ | 『ナポレオン・ダイナマイト』が復活!(・・・ただしTVアニメ) »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49710692

この記事へのトラックバック一覧です: 『つぐない』ジョー・ライト監督の最新作は、ケミカルが音楽担当:

« 新スパイダーマンの敵役決定! | トップページ | 『ナポレオン・ダイナマイト』が復活!(・・・ただしTVアニメ) »