« ダフトパンクによる『トロン』スコアの一部を公開 | トップページ | 【レビュー】エル・トポ 製作40周年デジタルリマスター版 »

2010/10/13

エイリアン序章、主演候補にナタリー・ポートマン?

"Black Swan"の手ごたえがナタリー・ポートマンの俳優人生に変化をもたらしている。もともと演技力と存在感には定評のあった彼女だが、ダーレン・アロノフスキーの放ったこの一作は彼女の内なる一面をさらに発露させ、早くも本年度の女優賞オスカーの呼び声も高まっている。またそんな彼女を早く囲い込もうと、様々な製作者が手を伸ばしてきているとの噂も聞こえてくる。

すでにポートマンにはマーヴェル・コミック原作の『マイティ・ソー』をはじめ数本の公開待機作があるものの、新作の予定などは発表されていないどころか、彼女自身が映画化権取得のために奔走した「高慢と偏見とゾンビ」の主演から降板(プロデューサーとしては関与)し、つい先日にはアルフォンソ・キュアロン監督作"Gravity"のオファーも辞退したばかり。ポートマン自身、"Black Swan"の直後に今度は何に挑むのか、その選択が今後の女優人生を決定づけることをしっかりと自覚しているようだ。

そんな中、ニューヨークマガジンのブログ版Vultureが、リドリー・スコットが手掛ける「エイリアン・プリークエル(前章)」の主演候補として彼女の名前がかなり高い順位で挙がっていると報じている。"Black Swan"も『エイリアン』シリーズも同じ20世紀フォックスが絡んでいることから、これは大いにあり得る選択肢だ。そして、この意向が既にポートマン側に伝わっているとすると、同じスペース・スリラーの"Gravity"をいち早く辞退したのも納得がいく。(ちなみに"Bkack Swan"のダーレン・アロノフスキー監督も、現在、やはりフォックスの『ウルヴァリン2』監督候補の最有力と言われている)

また「~プリークエル」にはスウェーデン版『ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女』に主演したノーミ・ラパスや、キャリー・マリガン、アビー・コーニッシュなどの出演も噂されている。現在、「LOST」シリーズのデイモン・リンデロフが脚本リライト中。3D公開も視野に入れてプロジェクトは少しずつ具象化を増している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ダフトパンクによる『トロン』スコアの一部を公開 | トップページ | 【レビュー】エル・トポ 製作40周年デジタルリマスター版 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49729593

この記事へのトラックバック一覧です: エイリアン序章、主演候補にナタリー・ポートマン?:

« ダフトパンクによる『トロン』スコアの一部を公開 | トップページ | 【レビュー】エル・トポ 製作40周年デジタルリマスター版 »