« 北米興行成績Oct.15-17 | トップページ | アンジー監督作に再び撮影許可下りる »

2010/10/18

【レビュー】エクスペンダブルズ

エクスペンダブルズ、つまり消耗品の話である。かつて80年代に第一線で活躍したハリウッド映画を代表する不死身のマッチョが、いまだに最前線でマッチョを続けている。生涯現役、というと聞こえはいいが、要は万年平社員と同じである。現にかつて主演シルヴェスタ―・スタローンとマッチョ度を競い合ったシュワルツェネッガーはとうに自分を消耗品でない地位にまで高めている。特別出演するこの映画の中でも・・・。Expendables_2ストーリーは単純至極。スタローンの指揮するゴロつき傭兵部隊が南米の独裁政権に闘いを挑む。ただそれだけ。“ジェイソン・ボーン”シリーズがアクション映画の定義を根底から覆してしまった昨今、20年前のアクションを地で行く本作はまるでファンタジーのように見える。殺戮の量も半端ではないし、火薬の量も常軌を逸している。あまりに現実離れした描写の数々をバカバカしいと放棄しそうになる。だが、一方で80年代を生きた男子ならば遺伝子レベルで確実に味を覚えてしまったあのカタルシスが蘇り、理性をすっ飛ばして身体が勝手に熱狂してしまう。

きっと僕らは『アリス・イン・ワンダーランド』の白ウサギならぬ、髑髏マークの轟音バイク軍団に導かれ、いつしかミッキー・ロークが営むバーに迷い込んでしまったのだろう。そこに漂うのは本作に登場するあらゆる武器にも増して強烈で危険な臭気を放つ“ノスタルジー”だ。これを鼻孔に感じてしまったら最後。大味な演技も、大げさなアクションも、洗練さとはかけ離れたジョークの類も、どれもツボにはまって、まるで自分自身があの頃の同窓会にでも参加しているような感慨に耽ってしまう。僕らはかつて、このノリ、この仲間たちが大好きだったんだ。そしてその同窓会には、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リーといった同ジャンルの後輩たちも顔を揃えている。

『ロッキー・ザ・ファイナル』『ランボー 最後の戦場』、そして『エクスペンダブルズ』。スタローンは自分たちがもはや絶滅危惧種であることを知っている。シュワちゃんのように政治家になるには滑舌が悪すぎることに知っている。だからこそ背水の陣を利用して最も泥臭い闘いを挑み、そして敵に対しても、観客に対しても見事勝利を収めてみせる。いや何よりも、30年前にアメリカ合衆国そのものを象徴したはずのマッチョな身体を、いまこの時代においてたまらない悲壮感として世界に提示できるクレバーさこそ彼の才能そのものである。

フィクションであれリアルであれ、フィクサー的に世界を動かすのがシュワちゃんだとすれば、スタローンは実行部隊としていち早く現場へ乗り込んでいく。しかしこのバランス感覚、計算高さからすると、現場主義のスタローンの方がよっぽど頭が切れる。そんな気がするのだ。最も泥にまみれた男こそ、フィクサーたるにふさわしい。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 北米興行成績Oct.15-17 | トップページ | アンジー監督作に再び撮影許可下りる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49763626

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】エクスペンダブルズ:

« 北米興行成績Oct.15-17 | トップページ | アンジー監督作に再び撮影許可下りる »