« 【レビュー】ビューティフル・ボーイ | トップページ | 【レビュー】ザ・タウン »

2010/10/28

ジョージ・クルーニー次回監督作の資金調達に目処

ジョージ・クルーニーが『かけひきは恋のはじまり』に続く監督作として温めている"The Ides of March"の製作パートナーシップが締結され、本作はクルーニーのSmoke House、レオナルド・ディカプリオのAppian Wayに加え、Exclusive MediaとCross Creekの参加が決まった。2月に撮影開始。

大統領予備選の壮絶な駆け引きを扱った本作はボー・ウィリモンによるオフ・ブロードウェイ作品"Farragut North"が原作となる。主人公となる広報担当者には一時クリス・パインの起用が確実視されていたが、その後、彼に代わりライアン・ゴスリングの登板が決定。共演には対抗馬の選挙対策指揮官にポール・ジアマッティ、ニューヨーク・タイムズの記者にマリサ・トメイ、対策本部のインターン・スタッフにエヴァン・レイチェル・ウッド。そして候補者指名獲得をめざす州知事役をクルーニー自らが演じる。主人公の上司役として噂のあったフィリップ・シーモア・ホフマンの名前は発表されていない。

作者ウィリモン自身が2004年に民主党内の予備選に出馬したハワード・ディーン陣営に従事していたこともあり、本作には外側からは伺い知れないリアルな視点が満載。ジョージ・クルーニーの手掛ける作品には、これはTV司会者などを務める彼の父親の影響なのか、たびたびジャーナリスト的な視点が入り込むことが多く、その意味でも本作はまさに打ってつけのサスペンスといえそうだ。

ちなみに"Ides of March"とは3月15日のこと。ジュリアス・シーザーの暗殺された日として有名。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【レビュー】ビューティフル・ボーイ | トップページ | 【レビュー】ザ・タウン »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49860202

この記事へのトラックバック一覧です: ジョージ・クルーニー次回監督作の資金調達に目処:

« 【レビュー】ビューティフル・ボーイ | トップページ | 【レビュー】ザ・タウン »