« タイタニック3Dは2012年! | トップページ | リミット »

2010/10/02

ワンダーウーマン始動

ワーナーとジョエル・シルバーが10年近く温め続けてきたDCコミックのスーパーヒロイン「ワンダーウーマン」。70年代のテレビ版でもお馴染みのこのキャラが、結局スクリーンではなくテレビシリーズとして蘇ることになりそうだ。

Wonderwoman
・・・やはり、いつ、いかなる時代においても、このコスチュームは強烈だ。見るからに愛国主義的なこのキャラを、現代の視聴者たちは受け入れてくれるのかどうか。。。そんな不安を埋めるべく、今回の指揮を取ることになりそうなのが「アリーmyラブ」のクリエイター&脚本家としても知られるデヴィッド・E・ケリー。ヒットメイカーの名において現代版としてのつじつまを合わせてくれることが期待される。

ちなみに、「ワンダーウーマン」の映画化が進行していた2005年頃、一時期ジョス・ウェドンが脚本&監督としてこの企画にかかわっていたことがあるが、スタジオ側との方向性の違いにより降板を余儀なくされた。彼にとってこの経緯が挫折だったのか幸運だったのか分からないが、事実としていま彼は、アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカらを束ねて挑むマーヴェル・コミック映画"The Avengers"の監督として大忙しの毎日を送っている。ワーナー×DCで失ったものを、パラマウント×マーヴェルで取り戻すような格好だ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« タイタニック3Dは2012年! | トップページ | リミット »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンダーウーマン始動:

« タイタニック3Dは2012年! | トップページ | リミット »