« ロン・ハワード最新作で大論争勃発 | トップページ | ノーミ・ラパス、元夫と映画共演 »

2010/11/01

北米興行成績Oct.29-31

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Oct.29-31 weekend 推計

01 Saw 3D (-) $24.2M
02 Paranormal Activity2 (↓) $16.5M
03 Red (→)$10.8M 
04 Jackass 3D (↓)$8.4M
05 Hereafter (↓) $6.3M
06 Secretariat
(→) $5.1M
07 The Social Network (↓) $4.7M
08 Life as We Know It
(↓) $4.0M
09 The Town (→)$1.95M
10 Conviction (↑)$1.8M


*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。

Saw3d_2 
■昨年に引き続き今年も『SAW』と『パラノーマル・アクティビティ』のハロウィン戦争が勃発。これでシリーズ最終章と宣言している『ソウ・ザ・ファイナル 3D』がオープニング3日間で2420万ドルを売り上げNO.1を獲得した。観客層は56パーセントが男性、25歳以下が57パーセントを占める。製作費2000万ドル程度と言われているので、今回も損失無し。ただし今作のオープニング興収も、先週一足早く封切られたパラノーマル・アクティビティ2』の記録4000万ドルには敵わなかった。

ちなみに『SAW』はギネスブックにて「史上もっとも成功したホラーシリーズ」として認定済み。全7作のうち2作~5作目までは公開週末の興収3000万ドル超え&NO.1が定位置となっていたが、6でいよいよその神話が崩れ、もはやこれまでか、と思われた矢先に飛び出した起死回生の方法論が「3D」だった。これによって前作よりもそのオープニング興収を1000万ドルほど上乗せしたことになるが、果たしてこれはスタジオ側にとって成功か、不発か。はたまたシリーズはこれで本当に終わってしまうのか。その真意はジグソウとライオンズゲートのみぞ知る。

■『パラノーマル・アクティビティ2』は累計興収を6570万ドルとした。製作費は格安(全米公開作としては格安)の300万ドルと言われているので、今回もかなりの収益を生みだしたことになる。

■3週目を3位で折り返した"Red"はクールに製作費の5800万ドルをカバー。"Jackass 3D"はついに興収1億ドルを突破。クリント・イーストウッド監督最新作"Hereafter"の売り上げは3週目にして製作費5000万ドルのようやく半分に到達しようかというところ。

ソーシャル・ネットワーク』(←拙ブログのレビューに飛びます)は7位へランクダウン。累計興収は8000万ドル近辺にまで達した。東京国際映画祭のクロージング作品として上映されたベン・アフレック監督作『ザ・タウン』(←拙ブログのレビューに飛びます)はしぶとく9位に残留。来週の今頃には9000万ドル突破しているか。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ロン・ハワード最新作で大論争勃発 | トップページ | ノーミ・ラパス、元夫と映画共演 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49869466

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Oct.29-31:

« ロン・ハワード最新作で大論争勃発 | トップページ | ノーミ・ラパス、元夫と映画共演 »