« 北米興行成績Nov.12-14 | トップページ | 「ウルヴァリン2」じゃなく「ウルヴァリン」 »

2010/11/15

アカデミー功労賞授賞式

ジャン=リュック・ゴダールが授賞式に来る、来ないで揉めたアカデミー功労賞授与式。もともとオスカー授賞式の中で執り行われていたこのセレモニーだが、TV中継への影響もあってせっかくの受賞者スピーチが30秒に制限されてしまうことや、受賞者を増やして会員の労を讃えたいといった想いから11月に分離され、理事たちの臨席のもとリラックスしたムードで開催されることになった。もちろんそこには功労賞=視聴率の下がりがちな地味なパートと捉えるテレビ局側の思惑も反映されている。

結局、ゴダールのサプライズ登場などあるはずもなく、セレモニーは予定通りつつがなく執り行われた。今年の受賞者はゴダールのほかに映画監督のフランシス=フォード・コッポラ、俳優のイーライ・ウァラック、監督・歴史家・作家のケヴィン・ブローンロウ。

ゴダールへの授与パートでは6人の理事たちがそれぞれに彼の与えた影響力についてスピーチ。つづくウァラックにはジョシュ・ブローリン、デ・ニーロらがスピーチし、クリント・イーストウッドが授与役を担当。ブローンロウにはケビン・スペイシーらがスピーチを捧げた。

また、コッポラは妻、ロマン(息子)、ソフィア(娘)と共に列席。授与時には『ゴッドファーザーPart2』に出演したロバート・デ・ニーロやコッポラを師と仰ぐジョージ・ルーカスらが壇上で彼の偉業を讃えた。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 北米興行成績Nov.12-14 | トップページ | 「ウルヴァリン2」じゃなく「ウルヴァリン」 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50033129

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー功労賞授賞式:

« 北米興行成績Nov.12-14 | トップページ | 「ウルヴァリン2」じゃなく「ウルヴァリン」 »