« トルコのリベンジ映画 | トップページ | 【レビュー】ハリー・ポッターと死の秘宝Part1 »

2010/11/16

ブラピの会社がチリ鉱山事故映画を製作か?

33名の作業員が無事救出されたチリ鉱山事故をめぐり、ブラッド・ピット率いるプランBがその映画化権料として数百万ドルを提示して交渉中であるとサンティアゴ地元紙El Mercurioが報じた

プランBの代表者はすでに2、3度、チリに直接乗り込んで、一連の事故をめぐり英雄となった作業員たちの出演も視野に入れながら諸条件を提示しているという。

作業員たちの代理人は現在のところ1日に10件ほどの同様のオファーが寄せられていることを明かしている。彼らは最終的な製作会社をどこにするか決定する前に、それによって発生する権料を平等に分配するための会社を設立する予定だという。

チリでは救出成功で世界が湧いたたった5日後から"Antonio Recio's The 33 of San Jose"という映画が製作開始を迎え、その配給権は完成前からAFM(アメリカン・フィルム・マーケット)にて売買。結果、アルゼンチンの映画会社がそれを獲得している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

プランBによる製作映画には上記の他に『食べて、祈って、恋をして』『50歳からの恋愛白書』、それに伝説の監督テレンス・マリックによる最新作"Tree of Life"などがある。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« トルコのリベンジ映画 | トップページ | 【レビュー】ハリー・ポッターと死の秘宝Part1 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50038801

この記事へのトラックバック一覧です: ブラピの会社がチリ鉱山事故映画を製作か?:

« トルコのリベンジ映画 | トップページ | 【レビュー】ハリー・ポッターと死の秘宝Part1 »