« 『ロビン・フッド』会見での一幕 | トップページ | フィルメックス閉会式にて »

2010/11/29

北米興行成績Nov.26-28

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Nov.26-28 weekend 推計

01 Harry Potter 7 (→) $50.34M
02 Tangled (-) $49.1M
03 Megamind (↓)$12.8M 
04 Burlesque (-)$11.8M
05 Unstoppable (↓) $11.7M
06 Love and Other Drugs
(-) $9.8M
07 Faster (-) $8.7M
08 Due Date
(↓) $7.3M
09 The Next Three Days (↓)$4.8M
10 Morning Glory (↓)$4.0M


*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。

■木曜日のサンクス・ギビング・デイから連なる週末は映画館の掻き入れ時。昨年の『ニュー・ムーン』『しあわせの隠れ場所』が牽引した昨年に続き今年も大勢が劇場に詰めかけた。

■現在の推計段階では『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1』(リンクは拙ブログのレビューに飛びます)が"Tangled"を僅かに上回って興行成績のトップを死守している。『ハリー・ポッター7Part1』はこれで国内累計が2億2040万ドル、全世界のトータルでは6億960万ドルに達している。なお、伝統的ジャンルと新しさをミックスしたディズニーのミュージカル・アニメーション"Tangled"は大方の予想以上に動員がよく、サンクス・ギビング・デイの週に公開を迎えた作品としては『トイ・ストーリー2』に次ぐ歴代2位の週末興収だという。初日の水曜から日曜までの5日間の累計は6900万ドル。

■"Megamind"はその累計興収がちょうど製作費と同じ1億3000万ドルに達した。クリスティーナ・アッギレラ主演の『バーレスク』も水曜日からの封切組。興収の面ではそれほど歌って踊れていない様子。もっとも上位3作品までがファミリー層向けなので、これからの巻き返しに期待といったところか。女性が『バーレスク』なら、男性は『アンストッパブル』。累計興収は6000万ドルに達したが、製作費の1億ドルはまだ遠い。

■新作組は地味な出だし。ジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイという『ブロークバック・マウンテン』の共演組が揃い踏みした"Love and Other Drugs"は6位スタート。ドウェイン・ジョンソン主演のアクション"Faster"は7位。

■トップ10圏外に視野を広げると、11位には徐々に劇場数が増加中の"127 Hours"の姿が迫っている。アカデミー賞に向けて非常に効果的な、息の長い興行展開。さらには19位に今年のオスカー最有力と言われる""The King's Speech"が初登場。たった8館での限定公開ながら、1館あたりのアベレージは87500ドルというとんでもない数字を記録している。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『ロビン・フッド』会見での一幕 | トップページ | フィルメックス閉会式にて »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50136562

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Nov.26-28:

« 『ロビン・フッド』会見での一幕 | トップページ | フィルメックス閉会式にて »