« モンガに散る | トップページ | "Hanna"トレーラー登場! »

2010/12/20

北米興行成績Dec.17-19

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Dec.17-19 weekend 推計

01 Tron Legacy (-) $43.6M
02 Yogi Bear (-) $16.7M
03 The Chronicles of Narnia3 (↓)$12.4M 
04 The Fighter (↑)$12.2M
05 The Tourist (↓) $8.7M
06 Tangled
(↓) $8.67M
07 Black Swan (↓) $8.3M
08 How Do You Know
(-) $7.6M
09 Harry Potter7 part1(↓)$4.84M
10 Unstoppable (↓)$1.8M


■『トロン:レガシー』(リンクは拙ブログのレビューに飛びます)が首位獲得。興収5000万ドルに届くかと期待されていたが、現在までの推計興収は4360万ドル。製作費に1億5000万ドル以上、世界規模のマーケティング費に1億ドル以上が投入されており、米国外からどの程度回収できるか注目が集まる。

■2位には伝統あるTVアニメの実写&CG融合、なおかつ3D映画版"Yogi Bear"。ヨギベアの声を演じるのはダン・エイクロイド。相棒のブーブー(子グマ)の声はジャスティン・ティンバーレイク

Yogi_bear

ファミリー映画としてはかなり低調な出だしだが、スタジオ側はクリスマスから年始にかけて長いスパンでお子様たちの動員を図りたい構えのようだ。製作費は8000万ドルとのこと。

■先週の覇者『ナルニア国物語第3章 アスラン王と魔法の島』は3位へ。累計興収は4270万ドル。製作費1億5000万ドルと言われているが、世界興収では1億6600万ドルを越えている。

■4位には先週の限定上映から一気に2500館へと規模を膨らませた"The Fighter"。驚愕のゴールデングローブ賞ノミネート(しかもコメディ部門!)を飾った『ツーリスト』は5位に。累計興収はようやく3000万ドルに達したあたり。6位のディズニー映画『塔の上のラプンツェル』(原題"Tangled")は米国内累計1億3000万ドル近辺。製作費2億5000万ドルと言われている。世界興収では2億2500万ドルに達している。"Black Swan"はさらにテリトリーを増やし、960館規模に。製作費1300万ドルながら、公開3週目にして国内興収1500万ドルを越えている。

■今週初登場組『幸せの始まりは』(原題"How Do You Know")は8位スタート。リース・ウィザースプーンといえばロマンティック・コメディの要だったはずだが、名匠ジェームズ・L・ブルックス、ジャック・ニコルソンに囲まれての本作では、他の作品にかなり差をつけられる結果に。

■5週目のハリー・ポッターと死の秘宝Part1』(リンクは拙ブログのレビューに飛びます)は9位。累計2億6550万ドルに達した。10位のアンストッパブル』は6週目にして国内累計7730万ドル。世界規模で見ると既に興収1億3200万ドルを超え、製作費の1億ドルをカバーしている。

■トップ10圏外では『英国王のスピーチ』が上映館を43館に増やし13位に。1館あたりのアベレージでは25000ドルと高数字をキープ。"127 Hours"はやや順位を落とし16位へ。

■週末3日間における全作品興行収入の合計は1億3400万ドル。これは『アバター』が公開された昨年同週と比べて2.6%減の数字。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« モンガに散る | トップページ | "Hanna"トレーラー登場! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Dec.17-19:

« モンガに散る | トップページ | "Hanna"トレーラー登場! »