« メリー・クリスマス! | トップページ | 2010年世界興収ランキング »

2010/12/27

北米興行成績Dec.24-26

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Dec.24-26 weekend 推計

01 Little Fockers (-) $34.0M
02 True Grit (-) $25.6M
03 Tron Legacy (↓)$20.1M
 
04 The Chronicles of Narnia3 (↓)$10.8M
05
 Yogi Bear (↓) $8.8M
06 The Fighter
(↓) $8.5M
07 Gulliver's Travels (-) $7.2M
08 Black Swan
(↓) $6.6M
09 Tangled (↓)$6.5M
10 The Tourist (↓)$5.7M


■ベン・スティラー、ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ"
Little Fockers"首位獲得。水曜日から封切られた本作は、週末興収3400万ドル、累計4830万ドル。製作費は1億ドルと言われている。

『ミート・ザ・ペアレンツ』(00)、『ミート・ザ・ペアレンツ2』(04)と続いてきた人気シリーズの第3弾となる本作は、監督がヒット・メイカーのジェイ・ローチからポール・ワイツにバトン・タッチ。この人、弟クリスと共に『アバウト・ア・ボーイ』を撮り、最近では単独監督作『ダレン・シャン』で撃沈してしまった人。久々のヒット作となった。弟は弟で、『ライラの冒険』がヒットさせられず苦境を経験したものの、昨年は『トワイライト/ニュームーン』が大ヒット。更には『シングルマン』のプロデューサーにも名を連ねるという活躍を見せている。

■2位にはコーエン兄弟最新作『トゥルー・グリット』が登場。ジョン・ウェインによる名作として映画ファンには馴染みの深い原作を、再映画化。コーエン兄弟に言わせれば「僕ら、ジョン・ウェイン版は観てないんだよ」とのこと。いつも飄々たる受け答えで知られる彼らのことなので、それが本当かどうかはわからないが。なお、今回の週末興収は兄弟にとって『バーン・アフター・リーディング』(オープニング興収1900万ドル)を超えて過去最高となる。なお、水曜、木曜の興収分を合わせると3680万ドル。製作費3800万ドルをほぼ回収したことになる。

■製作費1億7000万ドルの『トロン:レガシー』(リンクは拙ブログのレビューに飛びます)は、2週目までの累計を8830万ドルとした。世界興収は1億1100万ドルあたり。製作費1億7000万ドルまでの距離をどれだけ縮めていけるのか。

■『ナルニア国物語第3章 アスラン王と魔法の島』は米国内興収だけ見ると6400万ドル程度と振るっていないが、世界では既に1億9300万ドルほどに達している。製作費は1億5500万ドル。

■6位の"The Fighter"は3週目にして製作費2500万ドルを回収完了。8位の"Black Swan"は4週目にして累計興収を3000万ドル近くまで押し上げてきた。製作費は1300万ドル。

■7位デビューとなったジャック・ブラック主演作"Gulliver's Travels"は完全にヒット路線の蚊帳の外へと追いやられてしまった。

■トップ10圏外では『英国王のスピーチ』が11位。"127 Hours"は16位。全米7館での限定公開の始まったソフィア・コッポラ監督作にしてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞の『SOMEWHERE』は1館あたりのアベレージが2万ドル越え。フランス製アニメーション『ザ・イリュージョニスト』(リンクは拙ブログのレビューへ)もアベレージ1万7000ドルを超える高稼働を見せている。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« メリー・クリスマス! | トップページ | 2010年世界興収ランキング »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50361170

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Dec.24-26:

« メリー・クリスマス! | トップページ | 2010年世界興収ランキング »