« グリーン・ホーネット | トップページ | シチリア!シチリア! »

2011/01/17

北米興行成績Jan.14-16

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jan.14-16 weekend 推計

01 The Green Hornet $34M
02 The Dilemma $17.4M
03 True Grit  $11.2M 
04 The King's Speech  $9.1M
05 Black Swan $8.1M
06 Little Fockers $7.1M
07 Tron Legacy $5.7M
08 Yogi Bear $5.3M
09 The Fighter $5.1M
10 Season of the Witch $4.5M

■アメリカでは月曜日が「マーティン・ルーサー・キングJr.デー」で祝日となる。この連休に照準を合わせた『グリーン・ホーネット』が晴れて首位を獲得。

Thegreenhornet
30年代から君臨する
レトロ・ヒーローにセス・ローゲンのコメディ・タッチ&ゴンドリーの3Dマジックを掛けあわせ、金曜から日曜にかけての3日間で興収3400万ドルを記録した。2011年に入ってから新作がNO.1を獲得するのは初めて。まずは関係者もホッと胸をなでおろしていることだろう。しかし油断は禁物で、本作は製作費に1億1000万ドルほどかかっていると言われており、回収するのにはまだまだ気合いを入れてかからねばならない。客層は25歳以上と以下とがほぼ半々、男性客が6割を占める。

■『天使と悪魔』などの超大作で知られるロン・ハワードが久々のコメディに返り咲いた『僕が結婚を決めたワケ』は2位発進となった。本作は公開前にとあるセリフをめぐって大騒動になったという経緯を持つ。中高年の間で堅実な人気が高まりつつあったヴィンス・ヴォーンも今回はやや出遅れてしまったか。製作費は7000万ドルあまり。観客の60%近くが30歳以上、また全体の6割を女性客が占める。

■『トゥルー・グリット』はすでに累計興収が1億2600万ドル。首位を争っていた"Little Fockers"にも競り勝ち、いつの間にか差が開いてしまった。その"Fockers"は累計興収1億3400万ドルほど。

■4位、5位には賞レースを爆走中の『英国王のスピーチ』(←拙ブログのレビューに飛びます)と『ブラック・スワン』が上がってきた。『ブラック・スワン』の累計興収は7280万ドル。フォックス・サーチライト作品としては『サイドウェイ』を追い抜き、『JUNO』(1億4350万ドル)、『スラムドッグ・ミリオネア』(1億4130万ドル)に次ぐ歴代3位。

■『トロン:レガシー』(リンクは拙ブログのレビューに飛びます)は、累計興収1億5700万ドル間近。国内興収だけで製作費1億7000万ドルを回収できるか?

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« グリーン・ホーネット | トップページ | シチリア!シチリア! »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50440308

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Jan.14-16:

« グリーン・ホーネット | トップページ | シチリア!シチリア! »