« 北米興行成績Feb.05-07 | トップページ | リトル・ベイダーはこの子でした »

2011/02/08

"The Force"

アメフトの頂上決戦“スーパーボール”といえば、そのテレビ中継がアメリカにおける年間最高視聴率を記録することでも知られている。もちろん視聴者の楽しみは試合だけではない。毎年、この国民の多数が同時に目撃するCM枠は高額で取引され、たとえばブロックバスター系映画の最新予告編などが視聴者にガツンと衝撃を与えるのにはまさにもってこいのアピール合戦場ともなっている。

というわけで今年のスーパーボールで登場した最新予告編は『トランスフォーマー3』『カウボーイズ&エイリアンズ』『スーパー8』『ソー』『パイレーツ・オブ・カリビアン4』『キャプテン・アメリカ』"Rio""Fast Five"など数知れず。しかし様々なエンタメ媒体を反応をチェックしてみたところ、この枠で最も注目を集めたのは残念ながら映画予告編の類ではなく、とある企業CMだったようだ。

それがこれ。タイトルは"The Force"。featuring リトル・ベイダー。

まったくセリフを使わず、あの誰もが勝手知ったる音楽とリトルベイダーの可愛らしい傍若無人ぶり、それにちょっとしたマジックを加味して、所要時間の60秒を痛快な世界共通言語へと仕立て上げている。

そして今回のスーパーボールで顕著だったのが、このフォルクスワーゲンに代表される「インターネット先出し」の手法。実はこのCM、YouTube上ではすでに2月2日の時点でお披露目されており、現在すでに1500万ビューを越えているのだ。

つまり、プランナーが試みたのは本番に先んじて早めにインターネットでの話題性を高めておこうということであり、このCMにとってみればスーパーボールでの初出しというのはいわば「事前の仕込み」と「一般視聴者のファースト・インプレッション」とが融合し大きなうねりを巻き起こした瞬間となったわけだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 北米興行成績Feb.05-07 | トップページ | リトル・ベイダーはこの子でした »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50807370

この記事へのトラックバック一覧です: "The Force":

« 北米興行成績Feb.05-07 | トップページ | リトル・ベイダーはこの子でした »