« RED | トップページ | オスカー最高のシーン »

2011/02/28

北米興行成績Feb.25-27

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Feb.25-27 weekend 推計 確定

01 Gnomeo and Juliet Hall Pass $14.2M $13.5
02 Hall Pass Gnomeo and Juliet $13.4M $13.4
03 Unknown  $12.4M

04 Just Go With It  $11.1M
05
I Am Number Four  $11.03M
06 Justin Bieber: Never Say Never $9.2M
07 The King's Speech $7.6M
08
Big Mommas:Like Father,Like Son $7.5M
09 Drive Angry  $5.1M
10
The Roommate $2.0M

■アカデミー賞授賞式を目前に控えた週末3日間。当初の予想を覆してボックスオフィスの王冠に輝いたのはディズニー・アニメ"Gnomeo and Juliet"だった→興収確定の結果、2位へ降格。毎年オスカー生放送中は映画観客数が激減するため、ファミリー層に人気が高く昼興行に強い本作の特色が主要因となった。

公開3週目にして頂点を勝ち取るというパターンは最近ではサンドラ・ブロックが主演女優オスカーを獲得した『しあわせの隠れ場所』、今年の作品賞オスカーにノミネートされているコーエン兄弟の『トゥルー・グリット』などが記憶に新しい。なお、"Gnomeo and Juliet"の累計興収入は7515万ドルい達している。

2位にはファレリー兄弟監督、オーウェン・ウィルソン主演のR指定コメディ"Hall Pass"の観客層は25歳以上が72パーセントを占める。対して20歳前後の若者たちの動員が予測を下回ったことで、全体的にもやや低めの興収となった。→興収確定の結果、逆転1位となった

■先週の覇者『身元不明』(Unknown)は3位に。2週目の下落率は43パーセントほどとかなり下げ止まりが働いている(2週目では平均して50パーセント下落する)。累計は4200万ドル超。製作費は3000万ドルほど。ベルリンの街を舞台にリーアム・ニーソンならではのストイックなストーリーが繰り広げられる。また、本作の中盤ではあのブルーノ・ガンツが登場するのだが、かつて『ベルリン・天使の詩』で街を見守る天使を演じた彼だからこそ添えられる絶妙な味わいにニヤッとしてしまう観客も多いはず。

■ティーンに大人気のジャスティン・ビーバーをフィーチャーした"Never Say Never"は、3Dシアター限定で40分の新映像を加味した"Derector's Fan Cutバージョン"をスタートさせた。それが功を奏してか、先週と順位変わらず、興収は30%落ちに留まった。累計興収は6300万ドルほど。製作費は1300万ドル。

■さて、アカデミー賞作品賞オスカーに輝いた『英国王のスピーチ』は先週より17パーセント増。アメリカでは今後すみやかに現在上映中のR指定バージョンを編集したPG-13バージョン(主人公が口にするf-wordを消し去ったもの)へと差し替えていく予定だという。オスカー効果もあってさらに大きな興行結果が期待できそうだ。累計は1億1450万ドルに達した(製作費は1500万ドル)。

おなじくオスカー絡みで話題になっている『ザ・ファイター』(累計9000万ドル/製作費は2500万ドル)、そして『ブラック・スワン』(累計1億0360万ドル/製作費1300万ドル)も興収を微増させている。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

作曲賞部門でオスカーに輝いたのは『ソーシャル・ネットワーク』のトレント・レズナー。ナインインチネイルズ名義でも有名な彼だが、ロックバンドリーダーがオスカーを手にしたのは『ラスト・エンペラー』でトーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンが受賞して以来のこと。『ラスト~』の作曲陣は坂本龍一だけではなかったんですね。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« RED | トップページ | オスカー最高のシーン »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50863735

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Feb.25-27:

« RED | トップページ | オスカー最高のシーン »