« GIジョーの監督候補 | トップページ | チャンドラー夫妻の再会 »

2011/02/16

ターミネーター再起動に脈あり?

東国原英夫と時期を同じくして知事職を退いたアーノルド・シュワルツェネッガーがツイッター上で俳優復帰への意欲を滲ませたのがつい数日前のこと。すると今度はそれに呼応するかのようにこんなニュースが飛び込んできた。Deadline Hollywoodが報じるところによると現在、大手映画スタジオのユニバーサルが『ターミネーター』の再始動に興味を持ち始めているという。

しかもその監督候補として『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督の名前までもが挙がっている模様。スタジオは他にも脚本家クリス・モーガン(Fast Five, 47 Ronin)をもこの企画に参加させたい思惑らしい。とはいっても『ターミネーター』の映画化権は現在ヘッジファンド会社パシフィコーが所有しており、スタジオが単独で進めるわけにはいかない。

リン監督は人気シリーズ最新作"Fast Five"の全米公開を4月末に控えているユニバーサルのお気に入り監督。仮にこの『ターミネーター』の可能性が実現にむけて動き始めたとして、電光石火のレースシーンは描けても、はたして彼に終末的SFの世界でその才能を開花できるのか・・・?

『ワイルド・スピード』シリーズも今回で5作目ゆえ、今後『寅さん』形式で延々と続編を重ねていくのかどうか、まさに思案のしどころと言える。ユニバーサルにとってもリン監督にとっても、新たな“賭け”への参入が迫られているときなのかもしれない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« GIジョーの監督候補 | トップページ | チャンドラー夫妻の再会 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50863744

この記事へのトラックバック一覧です: ターミネーター再起動に脈あり?:

« GIジョーの監督候補 | トップページ | チャンドラー夫妻の再会 »