« Dark Shadowに新たな参加者 | トップページ | ターミネーター再起動に脈あり? »

2011/02/16

GIジョーの監督候補

パラマウントは現在、2012年公開予定の『G.I.ジョー』続編の監督選び真っただ中。ハリウッド・リポーター情報によると、製作者はこの数週間のうちに大勢の監督候補と面接を行ってきており、その中から『完全なる報復』のF.ゲイリー・グレイ監督、そしてジャスティン・ビーバーをフィーチャーしてティーンの間でヒット中の3D映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』やダンス映画『ステップ・アップ』シリーズの2&3を手掛けたジョン・チュウ監督のふたりが最有力として浮上してきているという。→ジョン・チュウ監督に決定しました(2・26)

前者であればかなり手堅く骨太な演出とアクション描写が期待でき、もし後者であればそれとは真逆のリズム感と軽快さ、いや、もういっそのことキャスト全員で踊りだし、歌いだすくらいの新機軸を求めてもいいんじゃないだろうか。脚本は『ゾンビランド』のレット・リース&ポール・ワーニックが務めることだし。

ちなみに当初は第2弾にも乗り気だったスティーヴン・ソマーズ監督は、いつの間にかこの企画から退いている。きっといろいろ思うところがあったのだろう。

批評などではコテンパンに叩かれたソマーズ版第1作だが、実は興行的には世界興収3億ドル(米国内1億5000万ドル/国外1億5000万ドル)を超える成功を手にしている。それゆえパラマウントもこの企画を簡単には手放さず、大規模な改良・施術を加え、批評家も納得できる人気シリーズに育てあげようとしている様子が伺える。またパラマウントは2012年公開予定の「アベンジャーズ」の配給権をディズニーに売却しており、穴のあいたこの時期を強力なラインナップで補完したいという目論見もある。

とはいうものの、先日お伝えしたように、2012年は"The Amazing Spider-Man"も"The Dark Knight Rises"も控えており、これに"The Avangers"と"G.I.Joe 2"、そして"Star Trek 2"なども加わり、ほんとうにとんでもない年となりそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« Dark Shadowに新たな参加者 | トップページ | ターミネーター再起動に脈あり? »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/50863745

この記事へのトラックバック一覧です: GIジョーの監督候補:

« Dark Shadowに新たな参加者 | トップページ | ターミネーター再起動に脈あり? »