« ジャングルクルーズが映画に! | トップページ | ブレードランナーが再起動 »

2011/03/03

MIB3にベテラン脚本家を招聘

Deadline Hollywoodによると、現在製作中の『メン・イン・ブラック3』にベテラン脚本家デヴィッド・コープが招聘されて数週間にわたり改良作業を行っている模様。『ミッション:インポッシブル』や『宇宙戦争』など大ヒット映画を手掛けてきた彼はMIB同様のソニー作品、『スパイダーマン』や『天使と悪魔』などでも実績を持ち、スタジオ側からの信頼は極めて厚い。

目下、MIB3は撮影が一時中断している状況だ。本作で大きな要素を担うのは「タイムスリップ」。ウィル・スミス演じるエージェントJが1969年にタイムスリップし、トミー・リー・ジョーンズ演じるエージェントKの若き頃(ジョシュ・ブローリン)や現代でMIB組織を統括するエマ・トンプソンの若き頃(アリス・イブ)に出逢うという筋書きとなっており、3月末からの撮影再開ではこれらのシーンが中心に具現化されていく模様だ。つまりはデヴィッド・コープもこの部分の改良に専念しているものと考えられる。

監督は前2作同様、バリー・ソネンフェルド。2012年5月25日公開予定。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ジャングルクルーズが映画に! | トップページ | ブレードランナーが再起動 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51004911

この記事へのトラックバック一覧です: MIB3にベテラン脚本家を招聘:

« ジャングルクルーズが映画に! | トップページ | ブレードランナーが再起動 »