« エレン・ペイジが珍ヒーローの相棒役で登場 | トップページ | ゲバラの旅の同伴者が死去 »

2011/03/06

スラムドッグ出演少女の住居が火災に

映画は終わっても現実は続いていくという証明なのだろう。AFPによると『スラムドッグ・ミリオネア』でヒロインの少女時代を演じたルビナ・アリ(12才)の住む住居の密集したスラム地区で火災が発生し、家族そろって焼け出されてしまったというのだ。彼女自身は"Press Trust of India"に対して「すべて失ってしまった。映画にまつわる受賞の品々も、写真も、新聞記事の切り抜き、それに記念品も」と語っている。

火災の状況については、「家族でテレビを観ていたら、突然近所の人が駆けこんできて火事だと知らせてくれ、みんな急いで逃げた。一晩中ずっと駅の構内で過ごしたけど、誰も助けに来てくれない」とのこと。

ムンバイのバンドラ郊外で金曜日の夜に発生した火災は瞬く間にスラム一帯に燃え広がり、当局の発表によると21人が負傷し、2000人あまりが住居を失ったという。

彼女が8歳のときに出演した『スラムドッグ・ミリオネア』は商業的ヒットに加え、2009年の作品賞オスカーをも受賞。ムンバイのスラム街からハリウッドのレッドカーペットへといざなわれた彼女は世界的な注目を集めた。

本作をめぐっては、主人公の少年役を演じたアザルディン・モハメド・イスマイルとその家族が暮らすスラム地区一帯が当局により強制立ち退きを命じられたことなどをきっかけに、ダニー・ボイルをはじめとする製作チームが「Jai Ho Trust」なるものを立ち上げ、映画出演後に貧しい暮らしを強いられている子供たちにアパートメントの提供などを行ってきた。ルビナ・アリの家族は火災時まだそこには引っ越していなかったという。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« エレン・ペイジが珍ヒーローの相棒役で登場 | トップページ | ゲバラの旅の同伴者が死去 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:アジア】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51031990

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ出演少女の住居が火災に:

« エレン・ペイジが珍ヒーローの相棒役で登場 | トップページ | ゲバラの旅の同伴者が死去 »