« ジェームズ・ボンドも応援しています | トップページ | マーク・フォースター監督、近未来SFに挑む? »

2011/03/08

崖っぷちのジュリー・テイモア

ブロードウェイ版「スパイダーマン」が正念場を迎えている。3月15日に予定されている初日公演を目前に控え、現在もなおプレビュー公演を続ける本作だが、このたびニューヨーク・タイムズが報じるところによると、プロデューサー陣から演出家ジュリー・テイモアへの深刻な提案が行われたようだ。

関係者の証言によると、その内容とは、外部の新たなスタッフを注入し、大幅なプラン見直しを行う。さもなくば、テイモア自身がこの現場から退く、というものだそうだ。

Spiderman_turn_off_the_dark
というわけで、通常のブロードウェイ作品の約2倍の製作費(6500万ドル)をかけて進められてきた本作は現在、音楽を担当するU2のボノやジ・エッジも加えての話し合いの真っただ中。その範囲は音楽、脚本、そしてこれらの大改造を施すにあたってどの程度の時間的余裕が必要かといった事柄にまで及んでいると見られる。

なお、これらの事柄は部外者には口外禁止とされているはずなのに、こうやってマスコミを通じて外にまで筒抜けの状態になっているわけだ。広報担当者は「推測に対してコメントすることはできない」と発言するにとどまっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ジェームズ・ボンドも応援しています | トップページ | マーク・フォースター監督、近未来SFに挑む? »

NEWS」カテゴリの記事

【Hero】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51047884

この記事へのトラックバック一覧です: 崖っぷちのジュリー・テイモア:

« ジェームズ・ボンドも応援しています | トップページ | マーク・フォースター監督、近未来SFに挑む? »