« 崖っぷちのジュリー・テイモア | トップページ | 舞台スパイダーマン初日は3カ月遅れか? »

2011/03/09

マーク・フォースター監督、近未来SFに挑む?

ネバーランド』、『君のためなら千回でも』、『主人公は僕だった』、007/慰めの報酬』と幅広いジャンルにまたがり多くの名作を残してきたマーク・フォースター監督が、今度はディズニーのもとで近未来SFを手掛けるかもしれない。そのタイトルは"The Runner"。

Marc
時は2027年、地球は戦争によって荒廃し、ほとんど人の住めない状態へと成り果てていた。そんな中、ロッキー山脈に暮らす生存者たちはタイムスリップする術を発見。ひとり歩みでた志願者はこの荒廃の原因となった攻撃を阻止すべく過去に送り出されるのだが、そんな彼には自分の愛をめぐるもうひとつの目的があった―。

この原案の権利を獲得したディズニー側は、映画のみならず、ドラマ、ゲーム、グラフィック・ノベル、携帯コンテンツなども含めて可能性を拡げていきたい構えのようだ。

マーク・フォースターは現在、"Machine Gun Preacher"の編集作業中。こちらは元ドラッグ売人だった男が信仰に目覚め、スーダンで少年兵に身を投じるこどもたちを救うべく立ち上がるという物語。実在の人物、“マシンガン・プリーチャー”ことサム・チルダーをジェラード・バトラーが演じる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 崖っぷちのジュリー・テイモア | トップページ | 舞台スパイダーマン初日は3カ月遅れか? »

NEWS」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51073075

この記事へのトラックバック一覧です: マーク・フォースター監督、近未来SFに挑む?:

« 崖っぷちのジュリー・テイモア | トップページ | 舞台スパイダーマン初日は3カ月遅れか? »