« 『96時間』続編が起動 | トップページ | 新スーパーマンにケビン・コスナ―が参加 »

2011/03/18

『ウルヴァリン2』から監督が離脱

X_men_origins『X-Men』の登場人物のひとりウルヴァリンにスポットをあてたスピンオフ作品『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』。その第2弾として調整が進んでいた"The Wolverine"(タイトルに2という数字を付けたくないとの考えから、この仮題が示されている)から監督に決まっていたダーレン・アロノフスキー(『レスラー』、『ブラック・スワン』など)が離脱することが発表された。

その理由としてアロノフスキーは「企画を進めるに従って、この映画の製作のために米国を1年ほど離れなきゃならないことが分かってきた。それほどの長期間を家族と離れて過ごすことは私にとって耐えがたいこと」と明かしている。

"The Wolverine"は舞台の多くを日本が占めるわけだが、Deadline Hollywoodによると今回の決定は日本の災害とは何ら関係ないとのこと。前妻レイチェル・ワイズとの間の息子の親権をめぐる取り決めにより、長期間の留守が不可能、ということのようだ。

アロノフスキー離脱後も20世紀フォックスと主演ヒュー・ジャックマンは引き続きこの企画を進めていく意向を固めている。まさに一進一退。アロノフスキー以上のとびきりの才能が監督起用されることを祈るばかりだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『96時間』続編が起動 | トップページ | 新スーパーマンにケビン・コスナ―が参加 »

NEWS」カテゴリの記事

【Hero】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51144094

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウルヴァリン2』から監督が離脱:

« 『96時間』続編が起動 | トップページ | 新スーパーマンにケビン・コスナ―が参加 »