« 映画業界にもグルーポン | トップページ | 北米興行成績Mar.18-20 »

2011/03/21

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの『バットマン3』役名が判明

Josepfandtemple_2

ひとつの注目どころは「バットマン」とは何ら関係のないノーランの前作『インセプション』(レビューからの続投キャストがあまりに多いことなのだが、米Varietyが関係者情報として伝えるところによると、先月頃からウワサに上がっていた『(500)日のサマー』(レビュー)のジョゼフ・ゴードン=レヴィットの出演が本決まりとなったようだ。

Albertofalcone_2同記事は気になる役どころについても触れている。一部で「リドラーなのでは?」との推測も勢いを増していたが、実際に彼が演じるのはアルベルト・ファルコーネとのこと。これは『バットマン・ビギンズ』でトム・ウィルキンソンが演じたマフィアのボス、カーマイン・ファルコーネの息子にあたる。彼は"The Holiday Killer"という裏の顔も持つとのこと。→update:後に公式発表されたところによると、ゴードン・レヴィットの役はゴッサム・シティの警官の役だそうです。

このキャラクターは原作コミック「ロング・ハロウィーン」と「ダークビクトリー」に登場する(これらは翻訳版も出されている)。

また、『つぐない』(レビュー)で知られる(屋敷に遊びにやってくるクインシー姉弟の姉役)ジュノ・テンプルが何らかの役で出演する可能性も浮上しているという。

上記についてワーナー側は今のところコメントを差し控えている。

このスクープの発表が土日にかかっているためか、他の米有名媒体はこの後追い記事を掲載することなく、事態を静観しているものが多い。恐らく各紙ともにそれぞれのルートでワーナー側の裏を取っている段階なのではないだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 映画業界にもグルーポン | トップページ | 北米興行成績Mar.18-20 »

NEWS」カテゴリの記事

【Hero】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51168364

この記事へのトラックバック一覧です: ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの『バットマン3』役名が判明:

« 映画業界にもグルーポン | トップページ | 北米興行成績Mar.18-20 »