« 3D版SWの公開日が決定 | トップページ | ジョージ・クルーニー監督作の米公開日が決定 »

2011/03/04

フィンチャー監督&ケビン・スペイシー主演のTVドラマ

『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがテレビドラマに進出することで話題になっているポ政界ドラマ"House of Cards"(フィンチャーは製作総指揮とパイロット=シリーズ最初の“お試し版”版の監督を務める)。この作品にどうやらケビン・スペイシーが主演&製作総指揮として参加することになりそうだ。

Fincherspacy
"House of Cards"といえば、もともとはイギリスが舞台だった。かつて大きな求心力を持ったマーガレット・サッチャーが任期を迎える政党混乱期に、ひとりの男があの手この手で他者を出し抜き、いざ後釜を目指そうとする物語だ。原作は政治の裏側を知り尽くしたマイケル・ドッブスによって書かれ、本作は90年代にBBCでミニシリーズ化されるや大人気を博し、英国アカデミー賞やエミー賞に輝いた。

Houseofcards
今回のテレビドラマでは舞台がアメリカへと移され、ケビン・スペイシーは覇権争いに台頭する野心あふれる政治家を演じる予定だ。

脚色を手掛けるのは、ジョージ・クルーニー監督による選挙ドラマ"The Ides of March"の原作戯曲"Farragut North"で知られるボー・ウィリモン。彼もまた政治の懐に深く入り込んで自身のその後のキャリアを築いてきた人だけに、こちらも非常に濃厚なアメリカ版政治ドラマに仕上がることが期待できる。

フィンチャーとスペイシーといえば言わずと知れた『セブン』の衝撃にはじまり、『ソーシャル・ネットワーク』ではスペイシーがプロデューサーとして名前を連ねていたのも記憶に新しい。

それはそうと、最近では映画監督がテレビドラマへ進出するケースが目立つ。これは何も「映画監督が食えないから」ではなく、テレビシリーズ"Boardwalk Empire"のパイロット版の監督を務めたマーティン・スコセッシに言わせれば「ひとつのキャラクターを、映画の2、3時間ではなくもっともっと長い時間をかけて、はたして物語の中で彼がいったいどのように変わっていくのか、じっくりと見つめてみたかった」とのこと。

テレビドラマだからこそ描けることがある。テレビドラマでないと描けないこともある。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 3D版SWの公開日が決定 | トップページ | ジョージ・クルーニー監督作の米公開日が決定 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51019538

この記事へのトラックバック一覧です: フィンチャー監督&ケビン・スペイシー主演のTVドラマ:

« 3D版SWの公開日が決定 | トップページ | ジョージ・クルーニー監督作の米公開日が決定 »