« 北米興行成績Mar.25-27 | トップページ | フェイスブック&ワーナーの映画ストリーミング配信 »

2011/03/28

【レビュー】わたしを離さないで

とある病院の手術室。そこにはベッドに横たわる青年トミーと、彼を見守る女性キャシーの姿があった。いまキャシーの脳裏に蘇るのは、二人がまだ幼かった頃の記憶。人里離れたヘールシャムの寄宿学校で共に出逢い、はじめて目線を、そして言葉を交わした日の記憶。あの頃、寄宿舎生活が世界の全てだった。彼らに与えられた蜻蛉のように短い人生についても、それが当たり前なのだと受けとめていた。キャシーとトミーと、それにもう一人の親友、ルース。この物語は彼ら3人の幼なじみたちの、生きた証。その傍らにはいつしか、"Never Let Me Go"のけだるくも甘美な調べが流れている―。

Neverletmegoposter_2
原作を読まずして映画に直接的に飛び込んだ人は多少なりとも驚くかもしれない。本作が秘めた“秘密”にではなく、むしろ主人公らがこの世界から決して逃げ出さないことに。その意味で本作はマイケル・ベイ監督のあのSF映画のような世界観を持ちながら、向かう意識のベクトルはむしろその真逆と言っていい。

原作者は、長崎で生まれ、5歳より英国で育ったカズオイシグロ。そのふたつのアイデンティティの拮抗のせいか、彼の作品では「当たり前だと思っていたこと」と「そうではないこと」によって主人公の意識の中にゆるやかな断層が生じていくことが多い。

また彼の作品のトレードマークといえば、主人公による一人称形語りである。一人称形式の物語は時として読者に嘘をつく。これは読者のミス・ディレクションを容易にする手法とも言える。昨夏お話を伺った英文学の先生によると、「ゆえにイシグロ作品において読者は“陪審員”になったような気持で主人公の言葉を精査していかなければならない」とのこと。

もしもあなたが既に映画をご覧になっているならば、ぜひイシグロ氏の来日会見の模様にも目を通してもらいたい。彼自身が何を考え、どのようなメッセージを込めて本作を執筆し、また自らが映画製作を企画してエグゼクティブ・プロデューサーまで務めあげたのか、その想いが理解できるはずだ。

Never_let_me_go
キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイの三すくみがマーク・ロマネクによる静謐感あふれる映像で包み込まれた時、そこで感じるのは原作そのままの空気であり、色彩であり、温度だった。これらを目にすると、スタッフやキャストがいかに根底部分を共有してこの作品世界のレンガをひとつずつ積み上げてきたか、その齟齬のなさに感銘を受ける。

そうして気づかされるのは、ここで描かれる彼らの「短い人生」と、我々の生きる「あるがままの人生」にさほど違いはないということだ。そのうえ彼らがフィクションだからこそ、僕らはより多くのものを彼らの人生に投影して、その照り返してくる光の中に自分自身を見出さずにはいられない。人生は短いのだ。愛する人と共に歩める時間だって限られている。その中で自分にとっていちばん大事なものとは何かを常に問い続けることが求められる。

…と、ここまでを3.11以前に書いていて、もはやこれ以降言葉が続かない。

これまで生や死を抽象的に眺めやることしかできなかった我々が、いま、あまりに膨大な悲劇と危機に直面し、誰もが心の中で恐怖におののき、寝ても覚めてもカタチにならない嗚咽を繰り返している。そんな時にこの映画に何が語れるだろうか?何の役に立つだろうか?

もはや「本作を通して生きることを実感する」などといった文言は全く縮尺の合わない定規と化してしまった。この無力感は映画に限らずあらゆる人たちがいま感じていることだろう。

ただ、そう思いながらも、僕は本作で主人公らに微かな希望と絶望をもたらした“芸術”について考えずにはいられない。

主人公らは死を恐れるだろう。愛する人と離れ離れになるさだめから逃れようと、第三の道を求めるだろう。そのときに唯一、彼らが救いを見出すツールが芸術だった。懸命に描いた絵画をようやく提出した時、大人たちが口にする答えはあまりに残酷であり、それはそのまま我々の棲む現実世界における芸術の役割をリアルに代弁するものでもあることにハッとさせられた。

芸術が無くたって生きていける。無価値と宣言することだっていとも簡単だ。でも僕はすべての芸術はこの“無価値”から出発しているのではないかと想像する。無価値だと知っているからこそ、僕らはそのゼロの線上におぼろげに姿を現す、胸を突き動かす“なけなしの何か”を受けとめ、そのちからを信じたいと願うのだろう。これはもはや信仰に近い所業かもしれない。

恐らくカズオイシグロも、マーク・ロマネクも、英国を代表するキャスト陣も、普段からまったく同じ思いで芸術に、自己表現に真向かっているはずなのだ。

そして我々も、いつしか、必ず。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 北米興行成績Mar.25-27 | トップページ | フェイスブック&ワーナーの映画ストリーミング配信 »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51218885

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】わたしを離さないで:

« 北米興行成績Mar.25-27 | トップページ | フェイスブック&ワーナーの映画ストリーミング配信 »