« ローランド・エメリッヒ新作は時代劇 | トップページ | 米メジャー・スタジオ、新戦略の行方 »

2011/04/08

3D版「ギャッツビー」にベン・アフレック出演か?

Ben『ロミオ&ジュリエット』や『ムーラン・ルージュ!』で知られるバズ・ラーマン監督が、ワーナー・ブラザーズと組んでいよいよ準備段階に入っている3D版「グレート・ギャッツビー」(スコット・フィッツジェラルド原作)。そのキャストとして新たにベン・アフレックが交渉入りしている模様。

本作のキャスティングに関しては、まず主人公ジェイ・ギャッツビーにレオナルド・ディカプリオ、原作で“語り手”も担うニック・キャラウェイ役にトビー・マグワイア、ギャッツビーが想いを寄せる既婚女性デイジー・ブキャナン役にキャリー・マリガンが決定している。ベン・アフレックが交渉中の役は、デイジーの亭主トム・ブキャナンとのこと。

ただしここで問題なのは、8月に撮影開始の「ギャッツビー」がベン・アフレックの『ザ・タウン』に続く監督作"Argo"(1979年に起こったイラン人質事件にまつわる、ウソのようなホントの話。雑誌に掲載された「CIAはテヘランからのアメリカ人救出すべく、いかにしてSF映画をでっちあげたのか?」という記事が原作)の撮影時期にかぶってしまうかもしれないということだ。

交渉成立に向けて両者の調整が進んでいる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ローランド・エメリッヒ新作は時代劇 | トップページ | 米メジャー・スタジオ、新戦略の行方 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51324767

この記事へのトラックバック一覧です: 3D版「ギャッツビー」にベン・アフレック出演か?:

« ローランド・エメリッヒ新作は時代劇 | トップページ | 米メジャー・スタジオ、新戦略の行方 »