« カンヌ映画祭「カメラドール」審査委員長、決定 | トップページ | ローランド・エメリッヒ新作は時代劇 »

2011/04/08

『トゥルー・グリット』少女にまた新たな出演作

Steinferd映画初主演作『トゥルー・グリット』でアカデミー賞候補に昇りつめた弱冠14歳のヘイリー・スタインフェルドにまた新たな1本が加わりそうだ。

ハリウッド・レポーターによると、すでに原作モノのミステリー"Forgotten"と「眠れる森の美女」という2本の企画への参加が伝えられる彼女が、現在、『トゥルー・グリット』以来はじめての出演作として「ロミオ&ジュリエット」の出演交渉に入っているという。

このウィリアム・シェイクスピアによる戯曲の映画化を手掛けるのは『フライト・オブ・ジ・イノセント』(1992)などで知られるイタリア人監督カルロ・カルレイ。『ゴスフォード・パーク』や『ザ・ツーリスト』のジュリアン・フェローズが脚本執筆を担うと共に、『幸せのちから』などで知られるガブリエル・ムッチーノらと共同で製作を務める。

製作費は1500万ドルほど。撮影は晩春よりイタリアにて行われる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« カンヌ映画祭「カメラドール」審査委員長、決定 | トップページ | ローランド・エメリッヒ新作は時代劇 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51324768

この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥルー・グリット』少女にまた新たな出演作:

« カンヌ映画祭「カメラドール」審査委員長、決定 | トップページ | ローランド・エメリッヒ新作は時代劇 »