« 『トゥルー・グリット』少女にまた新たな出演作 | トップページ | 3D版「ギャッツビー」にベン・アフレック出演か? »

2011/04/08

ローランド・エメリッヒ新作は時代劇

今となってはその断片を思い出すことさえ忌わしい『2012』から打って変わって、破壊の帝王ローランド・エメリッヒが最新作で挑むのは、文学史最大の謎、すなわち「シェイクスピアの正体は何者だったのか?」。

彼の持ち味ともいえるCGを駆使して当時のロンドンの街並みと喧騒を再現しつつ、現代にも伝わる「シェークスピア=オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア」説を政治サスペンスを絡めて濃厚に紐解いていく。

アメリカでは9月30日に公開。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『トゥルー・グリット』少女にまた新たな出演作 | トップページ | 3D版「ギャッツビー」にベン・アフレック出演か? »

NEWS」カテゴリの記事

trailer」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51324770

この記事へのトラックバック一覧です: ローランド・エメリッヒ新作は時代劇:

« 『トゥルー・グリット』少女にまた新たな出演作 | トップページ | 3D版「ギャッツビー」にベン・アフレック出演か? »