« 世界初の3Dポルノ、ヒット中 | トップページ | マット・リーヴス監督、またもや新作決定 »

2011/04/19

3Dエロティック、初日記録を樹立

香港で大ヒット中の3Dエロティック・ムービー"Sex and Zen"。The Hollywood Reporterによると、本作が早くも記録を樹立したそうだ。

中国に古来より伝わる「肉蒲団」なる官能小説をベースにした本作は、4月14日に始まった香港での上映において初日興収279万香港ドル(36万米ドル)を売り上げた。

これは「カテゴリー3」と呼ばれる18禁映画における覇者『ラスト、コーション』(初日興収120万ドル)にダブルスコアの差をつけての記録更新であり、さらに本作は『アバター』の初日興収250万香港ドルさえ上回り、3D映画の枠組みでも初日記録を樹立した。

追記:BBCによると、本作の初日興収は「18禁」「3D」のみならず、香港で公開されたあらゆる映画における歴代NO.1にあたるとのこと。

ちなみに「カテゴリー3」における累計興収の歴代トップは今なお『ラスト、コーション』の4900万香港ドル。この地位は当時17年ぶりに記録更新されたもので、前チャンピオンは今回の3D版と原作を同じする1991年版の"Sex and Zen"(2000万香港ドル)だった。まったくもって中国の伝統エロ芸能、恐るべしである。それらの枠組みを取り払った累計興収NO.1の座には『アバター』(1億8000万香港ドル)が君臨している。

また、昨日このブログでは本作を「世界初の3Dポルノ」と表現したのだが、The Hollywood Reporterの記事によると、実は昨年、韓国で"Natali(ナタリー)"なる映画が3D仕様で公開されており、「ポルノ」とまではいかなくとも、「3D仕掛けの官能シーン」の括りではこちらを世界初とする向きも多いようだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 世界初の3Dポルノ、ヒット中 | トップページ | マット・リーヴス監督、またもや新作決定 »

NEWS」カテゴリの記事

【地域:アジア】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51406467

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dエロティック、初日記録を樹立:

« 世界初の3Dポルノ、ヒット中 | トップページ | マット・リーヴス監督、またもや新作決定 »