« 次回クルーニー監督作は「7000億ドルの男」? | トップページ | 世界初の3Dポルノ、ヒット中 »

2011/04/18

北米興行成績Apr.15-17

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Apr.15-17 weekend 推計

01 Rio  $40M
02 Scream 4  $19.3M
03 Hop $11.2M
 
04 Soul Surfer $7.4M
05 Hanna $7.3M
06 Arthur  $6.9M
07 Insidious $6.8M
08 Source Code $6.3M
09 The Conspirator $3.9M
10 Your Highness 
$3.8M

Riomovieposter
■ウサギが活躍したかと思えば次はインコ(オウム?)。20世紀フォックスの放つ3Dアニメ"Rio"が首位を獲得した。『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグがボイス・キャストを務める本作のオープニング興収4000万ドルは、"Hop"の3750万ドル、『ランゴ』の3900万ドルを超えて2011年の最高記録となる。なお、現在までのところ今年の累計興収においてトップを走る作品は"Rango"だ。その数字は1億1900万ドル。製作費は9000万ドル。『アイス・エイジ』シリーズのカルロス・サルダーニャ(リオ・デ・ジャネイロ出身)が監督を務める。

■大ヒットシリーズの11年ぶりの復活、"Scream4"は1930万ドルともう一歩の数字か。製作のディメンション・フィルムは2000万ドル半ばのヒットを期待していたようだが。観客の年齢層は25歳以下が多数を占め。男女比でみると女性客がやや多いとのこと。スタジオは今後、かつて旧作を楽しんだ世代が再び劇場へ足を延ばしてくれることを期待しているようだ。

ちなみにシリーズ中で最大興収を記録したのは第1作目(1996)の1億300万ドル。2000年に公開された『スクリーム3』はオープニング興収こそ3470万ドルとシリーズ最高値を記録したものの、その後失速して、最終的にシリーズ最低興収8900万ドルにてフェイドアウトしている。

■先週の覇者"Hop"は3位へ。累計は8260万ドルとなった。製作費は6300万ドル。4位には先週と変わらず"Soul Surfer"。先週比たったの30%落ちという強靭な下げ止まり力を発揮し、10日間の累計興収は製作費の1800万ドルをちょうど越えたあたり。5位の"Hanna"は先週より41パーセントほど売り上げを落とし、累計興収を2330万ドルとした。製作費は3000万ドル。なお、4位と5位は推計興収が接近しているので、確定後に順位が逆転する可能性もある。

■2007年の『大いなる陰謀』以来となるロバート・レッドフォード監督作"The Conspirator"は9位スタートとなった。"Rio"の5分の1以下の上映館数ながら、1館あたりのアベレージでみれば"Scream4"と同等の5500ドルほど。本作はリンカーン暗殺にまつわる史劇であり、共犯者として逮捕されたひとりの女性(ロビン・ライト)の抱えた秘密に弁護士(ジェームズ・マカヴォイ)が迫っていく物語。40代以上の観客が大多数を占めるとのこと。詳しくはこちらの過去記事をご覧あれ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 次回クルーニー監督作は「7000億ドルの男」? | トップページ | 世界初の3Dポルノ、ヒット中 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51406470

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績Apr.15-17:

« 次回クルーニー監督作は「7000億ドルの男」? | トップページ | 世界初の3Dポルノ、ヒット中 »