« 『ボーン』シリーズ最新作、主演決定 | トップページ | 中国1942年の大干ばつ映画化 »

2011/04/22

タイム誌が選ぶ「世界の100人」

Time タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」が発表された。その中に福島県南相馬市の桜井勝延市長と、宮城県南三陸町の志津川病院の医師、菅野武さんの名前が挙げられているのは既報の通り。

その記事内、菅野さんの肩書には「Doctor(医師)」とあるが、桜井さんの肩書は「市長」ではなく、「Boat Rocker」とされている。これは『パイレーツ・ロック』の原題"The Boat That Rocked"とも相通じる「揺るがす者」という意味(その目的語"Boat"には体制や国家、時代といったニュアンスが含まれるのだろう)。南相馬市の窮状をYouTubeを通じて訴えかけた桜井市長の行動が、世界の人々の胸の中でにいかに響き渡っていたのかがありありとわかる言葉だと思う。

ちなみにこの100選、エンタテインメントの分野ではどのような人物がエントリーされていたのだろうか。ここでざっと挙げてみることにする。なお、TIME100選では各人物の紹介記事を誰が執筆しているのかも大事な要素となる。注意してご覧いただきたい。

リード・ヘイスティングス(NetflixのCEO/紹介記事はケビン・スペイシーが執筆。2人のつながりはこちらで)、エイミー・ポーラー(女優)、マーク・ザッカーバーグ(Facebook設立者)、ピーター・ヴェスターバッカ(ゲーム開発者/執筆はアナ・ケンドリックス)、ジュリアン・アサンジ(Muckraker=不正摘発者/ウィキリークス代表)、コリン・ファース(男優/紹介記事はヘレン・ミレンが執筆)、エイミー・チュア(Tough-Love Mother=子供にタフな愛を注ぐ母/"Battle Hymm of the Tiger Mother"の著者)、ジェニファー・イーガン(作家/著書"A Visit from the Goon Squad"は今年のピュリッツァー賞フィクション部門を受賞)、アイ・ウェイウェイ(アーティスト/中国)、トム・フォード(ファッション&フィルム・ディレクター/執筆はリタ・ウィルソン)、サード・モーセニ(アフガニスタンにおいて最も影響力のあるメディア人)、マシュー・ワイナー(TVドラマ『マッドメン』クリエイター/執筆は『マッドメン』出演のエリザベス・モス)、ジャスティン・ビーバー(社会現象としての選出/執筆はUSHER)、ウィリアム王子&ケイト・ミドルトン(Royal Rainmakers=莫大な経済効果を生み出すロイヤル・ファミリー)、ジョー・スカボロー(朝番組の司会者)、ブレイク・ライブリー(女優/執筆はバズ・ラーマン)、オプラ・ウィンフリー(Television Pioneer)、Rain(ネット人気投票第一位/韓国ポップスター・俳優の彼は、タイム誌読者による人気投票でオバマ、レディ・ガガを抑えて1位に輝いた)、ミア・ワシコウスカ(新人スター/執筆はグレン・クローズ)、ジョン・ラセター(映画監督)、クリス・コルファー(Song-and-Dance Man)、ブルーノ・マーズ(アーティスト)、マット・デイモン&ゲイリー・ホワイト(活動家として/ふたりは共同でWater.org.を設立)、ジョージ・R.R.マーティン(作家)、エル・ジェネラル(ラッパー/チュニジア)、スティング(ミュージシャン)、ジョナサン・フランゼン(作家)、マーク・ウォルバーグ(俳優・プロデューサー/執筆は『ザ・ファイター』の共演者エイミー・アダムス)、レベッカ・イートン(TVプロデューサー)、アリアナ・ハッフィントン(メディア人)、スコット・ルーディン(映画製作者/『ソーシャル・ネットワーク』『トゥルー・グリット』など。執筆は『ソーシャル~』の脚本家アーロン・ソーキン)、エイマン・モヘルディン(カイロ特派員)、パティ・スミス(アーティスト)。

また、TIME誌は「世界で最も影響のある100の事象」も発表しており、こちらの第1番目に登場するのは、他ならぬ「Earthquakes」。ただし、これは東日本大震災のみならず世界の他都市を襲った巨大地震も含む。そして2番目には「The Fukushima Daiichi nuclea plant's reactor core (福島第一原発炉心)」が掲げられている。

この記事が参考になればクリックをお願いします

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『ボーン』シリーズ最新作、主演決定 | トップページ | 中国1942年の大干ばつ映画化 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51449192

この記事へのトラックバック一覧です: タイム誌が選ぶ「世界の100人」:

« 『ボーン』シリーズ最新作、主演決定 | トップページ | 中国1942年の大干ばつ映画化 »