« ゼメキス、実写映画にカムバック? | トップページ | タイム誌が選ぶ「世界の100人」 »

2011/04/22

『ボーン』シリーズ最新作、主演決定

マット・デイモン主演で大絶賛を浴びた“ジェイソン・ボーン”3部作。それに続く新たな章が、『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーを主演に幕を開けることがほぼ本決まりとなった。スタジオ側はすでにレナーに向けてオファーを出しており、あとは両者間での最終的な交渉成立を待つのみとなる。『ハート・ロッカー』と『ザ・タウン』で2年連続アカデミー賞にノミネートされた彼のキャリアにおいて最も大きな仕事となることは間違いない。

Renner
「ボーン」4の製作経緯について復習しておくと、まずユニバーサルと意見を異にしたポール・グリーングラス監督とマット・デイモンはすでにこの企画から撤退済み。その後、この大ヒットシリーズをみすみす手放したくないスタジオは、どうにか彼らなしでも始動させられないかを検討した上で、「ボーン」シリーズの脚本を担当したトニー・ギルロイ(『フィクサー』『デュプリシティ』の監督/脚本)に白羽の矢を立てる。

そうして編み出された新機軸は、マット・デイモン演じる“ジェイソン・ボーン”のキャラを入れ替えるのではなく、同じ境遇を生きる“また新たな主役”を仕立てようということだった。つまり将来的にマット・デイモン=ジェイソン・ボーンがシリーズに復帰する可能性も残しつつ、別の人物によってこのシリーズの世界観を拡げてみよう、というのだ。

今のところ"The Bourne Lagacy"と呼ばれてはいるものの、これは仮題に過ぎない。内容的には同名原作シリーズとは全く異なるトニー・ギルロイによる完全オリジナルとなる模様。

ジェレミー・レナーは『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でトム・クルーズと共演、『アベンジャーズ』ではアイアンマン、ハルク、キャプテンアメリカらと共にスーパーヒーローのひとり“ホークアイ”として出演するほか、"Hansel and Gretel :Witch Hunters"では幼いころ魔女に受けたトラウマをバネに魔女狩り専門のバウンティハンターとなった兄妹を演じる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ゼメキス、実写映画にカムバック? | トップページ | タイム誌が選ぶ「世界の100人」 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51449193

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボーン』シリーズ最新作、主演決定:

« ゼメキス、実写映画にカムバック? | トップページ | タイム誌が選ぶ「世界の100人」 »