« 【ボックスオフィス】2大ハリウッド映画、米国外で先行封切り | トップページ | FOXが脚本開発スタジオを創設 »

2011/04/26

グリーングラス、探偵小説に挑戦か?

Greengrassボーン・アルティメイタム』や『ユナイテッド93』などで知られるポール・グリーングラス監督は、キング牧師暗殺に焦点をあてた"Memphis"の製作が難航している(キング牧師財団との折り合いが難しいようだ)ことから、これを1年ほど先送りとし、新たな他の企画の検討に入っているそうだ。

現段階での最有力候補と言われているのが、レオナルドディカプリオ率いる製作会社Appian Wayと20世紀フォックスとが長らく監督探しを続けている「探偵トラビス・マッギー」シリーズだ。

ジョン・D・マクドナルドによる原作シリーズは全部で21作を数え、船に寝泊まりして自由気ままな生活を送るマッギーが、時に金稼ぎのために私立探偵として乗りだす事件簿は多くの読者の心を捉え、また後続のハードボイルド作家の中にはこのキャラに影響を受けたと語る者も多い。

同シリーズは、かねてよりディカプリオが「マッギー役を演じたい」と願い続けてきたことでも知られ、一時は「オリバー・ストーンが監督に決定か?」とまで報じられたのだが、その後、ストーンはドン・ウィンスロー著"Savages"の製作に本腰を入れ、監督就任の話は霧消してしまった。

人気俳優ゆえスケジュールの詰まったディカプリオと絡むとなると、とにかくタイミングが命だ。現在撮影中のイーストウッド監督作"J.Edgar"が終われば次は息つく暇もなくバズ・ラーマンによる3D版「グレート・ギャッツビー」が控えている。

奇しくも、今回、映画化の話が持ち上がっているのは1964年に発表されたその第1作"The Deep Blue Good -by"。"Memphis"と同じく60年代のアメリカを描くといった視点でみれば、グリーングラスの文脈的に齟齬は生じないのかもしれない。

とはいえ、はたして彼がこの舟に乗るのか、否か、まだ何の確証もない状態だ。

グリーングラスはもうひとつ、ワーナー&レジェンダリー・ピクチャーズ絡みの企画でもアプローチを受けている。"Here There Be Monsters"という海洋冒険モノがそれなのだが、英国海軍将校だった男が富豪に雇われ、消息を絶った一隻の商売船の捜索にあたるという物語らしい。もちろんその海域には海のモンスターが一杯で、この主人公が海軍で培った知識を総動員してバトルを繰り広げていく。この脚本を手掛けているのはブライアン・ヘルゲランド。彼とグリーングラスは前作『グリーン・ゾーン』でも組んでいる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【ボックスオフィス】2大ハリウッド映画、米国外で先行封切り | トップページ | FOXが脚本開発スタジオを創設 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51487475

この記事へのトラックバック一覧です: グリーングラス、探偵小説に挑戦か?:

« 【ボックスオフィス】2大ハリウッド映画、米国外で先行封切り | トップページ | FOXが脚本開発スタジオを創設 »