« パラノーマル3の監督決定 | トップページ | イーモウ監督、クリスチャン・ベイルについて語る »

2011/05/06

スピルバーグ監督作『リンカーン』追加キャスト発表

Lincoln 長きに渡りスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化の道を模索しつづけてきた"Lincoln"。

いよいよ本格的に動き始めた本作の主役、第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーン役には、すでにダニエル・デイ=ルイスが就任し、その妻にはサリー・フィールドが決定済みだが、このたび新たに交渉中の追加キャストが発表された。

その出演者リストに名を連ねるのは…

トミー・リー・ジョーンズ、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ハル・ホルボルック、ジェームズ・スペイダー、ジョン・ホークス、ティム・ブレイク・ネルソン、ブルース・マッギル、ジョセフ・クロス。

BOSSのCMでもおなじみトミー・リー・ジョーンズはペンシルヴァニア選出の下院議員にして強力な奴隷廃止論者として名高い共和党リーダー、タデウス・スティーヴンスを演じる。

またゴードン=レヴィットはエイブラハム・リンカーンの長男ロバート・トッド・リンカーンを演じる。エイブラハムには他にも3人の息子がいたが、みな若くして亡くなっており、ロバートだけが82歳という長寿を全うし、米陸軍長官を務めるなど米国政府の発展にも名を残している。

本作はリンカーン内閣で交わされた激しい政治バトルに焦点をあて、彼らがいかにして奴隷制廃止、南北戦争終結への険しい道のりを歩んでいったのかを描く。

原作となるのはピュリッツァー賞受賞の歴史家ドリス・カーンズ・グッドウィンによる"Team of Rivals"(翻訳版のタイトルは「リンカン」)。

この脚色を「エンジェルス・イン・アメリカ」シリーズ(部隊&TVシリーズ)でピューリッツァー賞やトニー賞に輝き、スピルバーグと組んだ『ミュンヘン』ではアカデミー賞候補入りを果たした脚本家トニー・クシュナーが担当する。

撮影は2011年の秋ごろ、映画の劇場公開は2012年の暮れを予定している。

ちなみに『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』以来、新作発表の機会から遠ざかっていたスピルバーグだが、2011年の暮れには初の3Dアニメーション作となる『タンタンの冒険/ユニコーン号の謎』、そして有名舞台を映画化した"War Horse"の相次ぐ公開が決定している。

ことアメリカでの封切日に限って言えば、『タンタン』が12月23日、"War Horse"がその翌週となる12月28日という、あまりにあり得ないスケジュール設定。ボックスオフィスではスピルバーグVSスピルバーグの白熱したバトルが期待できそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« パラノーマル3の監督決定 | トップページ | イーモウ監督、クリスチャン・ベイルについて語る »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51591737

この記事へのトラックバック一覧です: スピルバーグ監督作『リンカーン』追加キャスト発表:

« パラノーマル3の監督決定 | トップページ | イーモウ監督、クリスチャン・ベイルについて語る »