« 北米興行成績May06-08 | トップページ | キャスリン・ビグロー新作は前進あるのみ »

2011/05/09

【レビュー】ザ・ファイター

試写で腰をおろしたのは最前列だった。決して近すぎることはなかった。なにしろボクシングのファイトシーンを凌駕するほどの人間と人間との白熱したコミュニケーションのバトルを、毛穴レベルで観戦できたのだから。

これは崖っぷちに立たされたボクサーの再起の物語かもしれない。だが、年齢的にも体力的にも後がないはずの彼は、常にある種の、幾層にも渡る皮膜のようなもので守られている。それは地域社会であったり、恋人の存在であったり、そしてあの、奇妙な因縁と連帯感で結びついた巨大な家族の力であったり。

Fighterあんなにも面倒くさくて、しかしながら底知れぬ炎に包まれた人間社会の最小単位の人々が、この映画の中でひとつの試練と達成とを共有する。とりわけダンナすら足蹴にしそうなメリッサ・レオ演じる“とにかく凄すぎるママ”は、思うがままに家族をコントロールしようとニワトリのようにトサカを尖らせ、その様に観客を茫然とさせる。彼女ひきいる娘たちも、まるでアマゾネス集団とも言うべき異様な威圧感で他者を圧倒する。

また、クリスチャン・ベイル演じる兄貴は過去のたった一度の栄光を(それも相手がリング上の汗で滑ったおかげで勝ったというもの)人生の金メダルとして掲げ、それでいて、ひとたび苦難が迫るとすぐにクスリへと逃げる始末。しかしそんな自分の姿を心のどこかで必死に悔いてはいる。そしてトレーナーとして、愛すべき弟ミッキーをチャンピオンに導きたいと人一倍願っている。

主人公ミッキー・ウォードにとってみれば、彼らの存在は邪念ともいうべき足枷そのものだ。それを粉砕すれば、彼は途端に農場から解放された奴隷のごとく自由に羽ばたけるのかもしれない。

恋人もそう強く促す。「あの家族のもとに戻っちゃだめ!」と。アマゾネスとヤク中は血相を変えて反論する。「帰ってこい!われわれはファミリーなんだ!」と。

ふたつの両極端な主張に引き裂かれるように、ミッキーが下した決断が極めて象徴的だった。

彼はどちらの主張も絶対に切り捨てはしない。家族も、恋人も尊重しつつ、その両方を抱き締めながら栄光に向かって歩んでいく。

Thefighter このシーンを見つめながら僕は、以前、監督のデヴィッド・O・ラッセルにインタビューしたときの記憶を想いだしていた。それはちょうどアメリカがブッシュ大統領の再選を決定した時分だった。そのとき前作『ハッカビーズ』について投げかけた僕の質問に対し、彼はこう口にした。

「この国はすっかりレッド・ステイツとブルー・ステイツに分けられてしまったかに見える。でも大事なのはそんなことじゃない。数ある選択肢から自分の直感と判断に基づいて何かを掴み取るということなんだ」

映画も、政治も、往々にして物事を単純化しがちだ。赤か青か、恋人か家族か。生きるべきか、死ぬべきか。

人生とは選択によって切り開かれていくものと誰かが言った。しかし時に大事なのは、切り捨てることではなく、その両方を同じ圧力で抱き締めることなのかもしれない。

あのときのデヴィッドの言葉が、『ザ・ファイター』によってさらに濾過され、純化された状態で胸に響いてきた。そしてアカデミー賞では主役を差し置いて助演男優賞(ベイル)、助演女優賞(レオ)を獲得しながらも、実は若干影の薄いミッキーこそが、すべての調和を試みる世界の中心であり、その意味において彼はリングでも実生活でも真の「ファイター」であったことに相違はない。

この世に無駄なものなんて何ひとつ存在しない。

思い返せば、収監中の兄貴は弟の試合をつぶさに電話で実況してもらいながら、その勝利が決まると思わず「うぉー!」と咆哮する。その瞬間、兄の周りを勢いよく回転するカメラの動きに共振しない観客はいまい。

また冒頭、このウザい兄貴が工事現場でチャンピオンのごとく拳を天に突き上げると、カメラはそこから猛スピードで疾走し、止まらなくなる。かくも心に宿した激情とカメラとを絶妙にシンクロさせ、そこから生じるヴァイタリティによってこの物語に弾みをつける。その手の役回りは、実は全てこのダメな兄貴の仕事だった。

Melisaそして、ふと気づけば、あのママも、単なる猛烈アマゾネスなどはなかった。息子にどれだけ罵られて激高しようとも、決して袂を分かつことはなく、事の成り行きを執念深く見守りつづける。

彼女はきっと家族のためと信じたならば自分が一手に悪役を引き受けることだって辞さなかったろう。クライマックスではあれだけ反目しあった息子の恋人とリングサイドで言葉を交わすシーンがさりげなく盛り込まれる。そして勝利者となった息子の雄姿に、心の底から歓喜の情をほとばしらせる。

もしかすると、この映画で最初から最後まで巨大な石のように不動の重心を担い続けていたのは彼女だったのかもしれない―。

そんな“凄すぎるママ”こと実在の人物アリス・ウォードが、4月27日に亡くなった。享年79。

今年の母の日を、ウォード家の面々はいったいどのように過ごしたろう?巨星を失った彼らの傷心は察して余りある。

そんなことを考えるにつけ、『ザ・ファイター』はこの地上におけるあらゆる母親たる存在に、心からの感謝の意を捧げるべき映画なのだと、そう思えてならなかった。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 北米興行成績May06-08 | トップページ | キャスリン・ビグロー新作は前進あるのみ »

【家族でがんばる!】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51620077

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】ザ・ファイター:

« 北米興行成績May06-08 | トップページ | キャスリン・ビグロー新作は前進あるのみ »