« ビンラディン死亡が映画界に与える影響 | トップページ | レイチェル・ワイズが"OZ"交渉入り »

2011/05/04

『Host』主演は、シアーシャ・ローナン

Ronan 『トワイライト』シリーズの原作者ステファニー・メイヤーが手掛けた、もうひとつのシリーズ「The Host」。すでに『トワイライト』3部作が世界中のティーンの間で大ヒットを飛ばし、今後もそのシリーズ続編"Breaking Dawn"2部作が公開を控える一方、"Host"も映画化に向けて大きな一歩を踏み出した。

今朝がた飛び込んできたニュースによると、本作の主演に『つぐない』の少女役、『ラブリー・ボーン』の主演、そして『つぐない』のジョー・ライト監督が手掛ける最新作"Hanna"ではアクション・スリラーにも挑戦するシアーシャ・ローナンが決定したとのこと。すでに契約も成立した状態だという。

彼女が演じるのは地球侵略を目論む“ソウル‐Soul”と呼ばれる知的生命体に戦いを挑むメラニーという人物。ある日、この生命体のひとつ“ワンダラー”が彼女に取りつき、身も心も乗っ取ろうとするのだが、どういうわけかうまく行かず、ひとつの人間の身体の中で、二つの人格が奇妙な同居生活を繰り広げていく―って、これは女性版「寄生獣」じゃないですか!

製作を担うインフェルノ・エンタテインメントは5月11日より始まるカンヌ映画祭にてセールスを開始する予定だ。

メイヤー著「トワイライト」原作シリーズの売り上げは全世界で1億冊とも言われており、『トワイライト』サーガとして公開された映画版はというと、2008年の第1作が米1億9300万ドル/世界3億9300万ドル、第2作が米2億9700万ドル/世界7億980万ドル、第3作が米3億ドル、世界6億9800万ドルを記録している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ビンラディン死亡が映画界に与える影響 | トップページ | レイチェル・ワイズが"OZ"交渉入り »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51562791

この記事へのトラックバック一覧です: 『Host』主演は、シアーシャ・ローナン:

« ビンラディン死亡が映画界に与える影響 | トップページ | レイチェル・ワイズが"OZ"交渉入り »