« 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破 | トップページ | ティム・バートンが「マレフィセント」から離脱 »

2011/05/16

北米興行成績May13-15

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【May13-15 weekend 推計

01 Thor  $34.5M
02 Bridesmaids $24.4M
03 Fast Five  $19.5M
 
04 Priest $14.5M
05 Rio $8.0M
06 Jumping the Bloom $7.3M
07 Something Borrowed $7.0M
08 Water for Elephants $4.1M
09 Tyler Perry's Madea's Big Happy Family $2.2M
10 Soul Surfer 
$1.8M

■先週に引き続き『マイティ・ソー』が首位キープ。通常これくらいのビッグ・タイトルとなると初週末に盛り上がった分だけ2週目の週末の下落率は50%後半から60%ほどになるのだが、本作は48%ダウンにとどまった。これはある程度の口コミ効果が働いている表れとなる。10日間の累積は1億1900万ドルほど。世界興収では3億4450万ドルに達している。製作費は1億5000万ドル。

Bridesmaids ■2位には初登場"Bridesmaids"がランクイン。『40歳の童貞男』を大ヒットさせたジャド・アパトー製作によるR指定コメディが予想を上回る高稼働ぶりを発揮した。男性客と女性客の対比は3対7で、本作はまさに『マイティ・ソー』のカウンター・プログラムとなった格好となる。年齢層は30代以上が63%に及ぶという。

■3週目の『ワイルド・スピード MEGA MAX』は3位にダウン。累計興収は1億6860万ドルに達し、現在までのところ2011年NO.1ヒット作品の座を維持している。世界興収は4億4050万ドル。

■ソニーとスクリーン・ジェムがによる3Dアクション『プリースト』は4位発進となった。韓国のグラフィック・ノベルを原作とする本作の客層は男性客がやや多く57%、また25歳以上の客層もこれと同等程度とのこと。主演はポール・ベタニー、カール・アーバン。

■今回のタームにおける全興収は『アイアンマン2』2週目にあたる昨年の同時期に比べてわずか3%の下落となった。2011年前半は散々だった映画興行だが、夏興行の到来と共に少しずつ持ち直しの兆しが見え始めている。今週末には『パイレーツ・オブ・カリビアン4』が封切られ、その翌週のメモリアル・デイ直前には『カンフー・パンダ2』がやってくる。『トランスフォーマー3』に向けてどれだけ挽回していけるのか注目したいところだ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破 | トップページ | ティム・バートンが「マレフィセント」から離脱 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51664188

この記事へのトラックバック一覧です: 北米興行成績May13-15:

« 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破 | トップページ | ティム・バートンが「マレフィセント」から離脱 »