« 「ダーク・タワー」映画化プランに若干の変更 | トップページ | 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破 »

2011/05/16

アンジー監督作、タイトル&米公開日発表

Angelinajolie アンジェリーナ・ジョリー初監督作"In the Land of Blood and Honey"が2011年の12月23日より米公開される運びとなった。本作の製作会社GKフィルムズ傘下のFilmDistrictが配給を司る。この時期を選んだということは、まさかアカデミー賞狙いということだろうか。

本作は1990年代のボスニア内戦を舞台にした男女のラブストーリー。監督のみならず脚本も執筆したアンジーは、発表されたコメントの中で「これはボスニア紛争を扱ったものですが、同時に世界共通の普遍的な作品でもあります」と語っている。

特徴的な面として、本作は英語と現地語の2バージョンで撮影。これはそれぞれの上映国における観客の観賞傾向によってどちらかを選択できるということなのだろう。出演者は子供時代にこの紛争を体験した地元出身者ばかりで構成され、アンジーはカメラの背後に徹し、出演はないそうだ。

本作をめぐっては、「セルビア人兵士がボスニア人女性をレイプし、それから愛が生まれるというストーリーなのでは?」との噂が拡がり、予定されていたボスニアでの撮影が一時取り消される事態となったが、その後、アンジーと製作者の「事実無根である」との弁明がボスニア政府によって認められ再び許可が下された。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 「ダーク・タワー」映画化プランに若干の変更 | トップページ | 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破 »

awards」カテゴリの記事

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51664189

この記事へのトラックバック一覧です: アンジー監督作、タイトル&米公開日発表:

« 「ダーク・タワー」映画化プランに若干の変更 | トップページ | 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破 »