« ターミネーター製作権、ミーガン・エリソンが取得 | トップページ | 「ダーク・タワー」映画化プランに若干の変更 »

2011/05/14

トリアーとスコセッシのコラボ企画が始動

デンマークの奇才ラース・フォン・トリアーと、巨匠マーティン・スコセッシがコラボ企画を始動させる。

ハリウッド・レポーターによると、それは2003年にトリアーが撮ったドキュメンタリー映画"The Five Obstructions"に着想を得たものらしいのだが―。

Trierscosese
まずオリジナル版"The Five~"の説明から始めよう。

Five_2 日本ではシネフィル・イマジカにて「ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦」というタイトルで放送されたことのある本作は、トリアーが「映画の世界に足を踏み入れるきっかけになった」と尊敬してやまないヨルゲン・レス監督に数々の無理難題を注文するというものだ。

まずはレス監督の短編作品"The Perfect Human"をふたりで観賞し、「じゃあ、これを5本分、リメイクしてください」ということになる。それも5本ともトリアーが提示した驚愕のアプローチに従う格好で。

編集の制限、ボンベイのスラム街で撮影、アニメーション…最初は荒唐無稽に思えるものの、次々とカタチを変えていく"The Perfect Human"と、トリアーによるサディスティックな無理難題を見事にクリアしていくレス監督のイマジネーションには感動さえ覚える。尊敬する巨匠に限界の壁を突きつけて、それを見事に超越させる。こんな芸当、トリアーにしか成しえないようがない。

さて、話を元に戻すと、つまり、そういうことだ。今度はトリアーとスコセッシと共にこれをやる、ということのようだ。

今のところスコセッシのどの作品をリメイクすることになるのかは分かっていないが、ハリウッド・リポーターの記事によると、彼が残した数々の短編映画のみならず、長編映画の名シーンを部分的に取り扱う可能性もありそうだ。撮影開始は来年になるものと見られている。

現在、マーティン・スコセッシは11月に公開の3Dファンタジー「ユゴーの不思議な発明」を仕上げ中。その後、長年にわたり取り組んでいる遠藤周作原作の「沈黙」"Silence"を2012年初頭、ダニエル・デイ=ルイス主演で撮影する予定だ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ターミネーター製作権、ミーガン・エリソンが取得 | トップページ | 「ダーク・タワー」映画化プランに若干の変更 »

awards」カテゴリの記事

NEWS」カテゴリの記事

【地域:北欧発】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51664191

この記事へのトラックバック一覧です: トリアーとスコセッシのコラボ企画が始動:

« ターミネーター製作権、ミーガン・エリソンが取得 | トップページ | 「ダーク・タワー」映画化プランに若干の変更 »