« アンジー監督作、タイトル&米公開日発表 | トップページ | 北米興行成績May13-15 »

2011/05/16

『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲得したことで世界的知名度も急上昇した『ブラック・スワン』。その世界興行のラストを飾る主要国でありながら震災の影響などが(とくにアメリカ本国から)強く懸念されていた日本なのだが、フタを開けてみると予想以上のお客さんが劇場に詰めかけ、興収610万ドル(海外メディア経由の情報にてドル換算です。申し訳ない)を記録。これは過去に日本で公開されたフォックス・サーチライト作品として歴代最高のオープニング成績にあたる。

この日本からの強力な後押しの結果、『ブラック・スワン』の米国外での興収は日曜日までに1億9800万ドルに到達。これに米国の興収1億700万ドルと合わせると、待望の世界興収3億ドルを達成したことになる。ちなみに本作の製作費は1200万ドル。その利益率、いくばくたるや…。

インディペンデント映画が世界興収3億ドルを上回る例は極めて稀で、過去には『スラムドッグ・ミリオネア』が3億7790万ドル、『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』が3億6870万ドル、『パッション』になるとややレベルの違い過ぎる6億1190万ドルという数字を叩き出している。

『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督は、次回作で日本がメイン舞台となる『X-Men』のスピンオフ「ウルヴァリン2」を手掛ける予定だったのだが、この企画に伴う長期間の単身赴任が親権問題に影響するとかで、あえなく撤退を表明。その後の「ウルヴァリン2」は日本の状況を鑑みながらの様子見状態となっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アンジー監督作、タイトル&米公開日発表 | トップページ | 北米興行成績May13-15 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51682488

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラック・スワン』世界興収が3億ドルを突破:

« アンジー監督作、タイトル&米公開日発表 | トップページ | 北米興行成績May13-15 »