« ビンラディン追跡映画の米配給先決定 | トップページ | ウルヴァリン2監督候補リスト? »

2011/05/27

米版AKIRAから監督離脱?

Deadline Hollywoodのマイク・フレミング記者が関係者情報として伝えるところによると、ワーナー・ブラザーズとレオナルド・ディカプリオの製作会社Appian Wayが長らく推し進めるハリウッド版「AKIRA」からアルバート・ヒューズ監督が離脱する決意を固めたようだ。

これまでにもキャスティングの難航が報じられてきた同プロジェクトだが、今回の離脱の原因は案の定"creative differences"とのこと。しかし深刻な仲たがいなどではなく、極めて友好的な物別れなのだとか。ヒューズ監督はワーナーのトップ、ジェフ・ロビンノフと近しい間柄ということもあり、近々また別のワーナー作品に携わっていく可能性が強い。一方の懸案の「AKIRA」は今後もスタジオの最優先課題として存続。ただし俳優探しから一歩後退し、新たな監督探しを展開していくことになる。

本作をめぐっては長らく製作者たちの格闘が続いてきたが、最近になってスティーヴ・クローヴの手掛けた脚本がスタジオ首脳部をかなり満足させる仕上がりを見せ、一気にキャスティング作業が本格化していた。これまでリストアップされてきた俳優陣はロバート・パティンソン、アンドリュー・ガーフィールド、ジェームズ・マカヴォイ、ギャレット・ヘドランド、マイケル・ファスベンダー、クリスパイン、ジャスティン・ティンバーレイク、ホアキン・フェニックスなどなど。これに加え、つい先日にはキアヌ・リーヴスが交渉入りしているとの情報もあったが、その後、コミットメントしないことを発表している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ビンラディン追跡映画の米配給先決定 | トップページ | ウルヴァリン2監督候補リスト? »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/51756675

この記事へのトラックバック一覧です: 米版AKIRAから監督離脱?:

« ビンラディン追跡映画の米配給先決定 | トップページ | ウルヴァリン2監督候補リスト? »